ヤフーニュースまとめ~

Yahoo!ニュースの人気記事を紹介。

2020年07月

1/24月に続き県独自の緊急事態宣言を発表する玉城デニー知事=31日午後7時36分、那覇市の沖縄県庁クリックで拡大(PDFファイル:884KB) 沖縄県の玉城デニー知事は31日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、県の警戒レベルを第3段階「感染流行期」に引き上げ、県独自の緊急事態宣言を出した。同宣言は4月に引き続き2回目。8月1日から15日の間、沖縄本島全域で不要不急な外出を自粛するよう要請した。さらに県民に対し、県外と沖縄間の不要不急な渡航も自粛するよう要請した。県外からの来県は慎重に判断することを求めた。本島から離島への移動も最小限にするよう求めた。
 玉城知事は「本県は島嶼県であり、限りある医療資源には鑑み、警戒レベルを第3段階に引き上げ、県民の生命安全を必ず守り抜く決意で防疫体制を強化する」などと述べた。
 玉城知事は、那覇市内の飲食店は営業時間を午前5時から午後10時までとするよう求めた。
 県は同日、新たに71人の感染が確認されたと発表した。感染者は5日連続で過去最多を記録している。行政検査295件で31人の陽性、保険診療で40人の陽性が確認された。県発表を合計すると感染者数は395人となった。
 県はこれまでクラスター(感染者集団)が発生している那覇市の松山地域の一部に店舗を構える接待・接触を伴うスナックなどに同期間、休業要請を実施することを決めた。応じた事業者には協力金20万円を支給する。
【琉球新報電子版】
 琉球新報社
続きを読む

写真:Impress WatchJTは、10月1日のたばこ税増税等に伴い、計224銘柄のたばこを値上げすることを発表した。
対象となるのは、紙巻たばこ136銘柄、葉巻たばこ16銘柄、パイプたばこ3銘柄、刻みたばこ3銘柄、かぎたばこ18銘柄、加熱式たばこ48銘柄。1箱当たり主として50円の値上げを行なう。
7月31日にたばこの小売定価改定の認可申請を財務大臣に対し行ない、財務大臣の認可を受けた後、10月1日より値上げする。
代表的な銘柄の改定価格
紙巻たばこ
・ナチュラルアメリカンスピリット:現行530円→改定570円
・セブンスター、ピース(20本入):現行510円→改定560円
・メビウス、ピアニッシモ:現行490円→改定540円
・ウィンストン:現行450円→改定500円
・キャメル:現行400円→改定450円
加熱式たばこ
・メビウス・プルーム・テック専用:現行490円→改定540円
・メビウス・プルーム・テック・プラス専用:現行500円→改定550円
・メビウス・プルーム・エス用:現行490円→改定540円
・キャメル・プルーム・エス用:現行460円→改定500円
葉巻たばこ
・キャメル・シガー:現行360円→改定400円
・わかば・シガー:現行360円→改定410円
・エコー・シガー:現行350円→改定400円Impress Watch,加藤綾
続きを読む

 堺市で2018年7月にあおり運転をし、バイクの男子大学生に追突し死亡させたとして殺人罪に問われた中村精寛被告(42)に対し、大学生の母親が約9200万円の損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁堺支部が中村被告に約6100万円の支払いを命じたことが31日、分かった。
 判決は30日付。森木田邦裕裁判長は「被告はバイクに前方に割り込まれたことに立腹して追跡し、大学生が死亡する可能性を認識しながら被告の乗用車をバイクに衝突させた」と指摘。「死亡しても構わない」という未必の故意があったと認めた。
続きを読む

FNNプライムオンライン沖縄県で、新型コロナウイルスの感染者が急増していることを受け、玉城知事が、県独自の緊急事態宣言を発令する方針を固めたことがわかった。
沖縄県で31日、新たに確認された感染者は71人となり、5日連続で過去最多となった。
こうした中、沖縄県の玉城知事は、県独自の緊急事態宣言を発令する方針を固めたことが、関係者への取材でわかった。
県の対策実施例には、不要不急な外出の自粛や渡航の自粛の要請などが挙げられているが、具体的な措置や期間については、夕方以降に玉城知事が会見し、発表する見通し。沖縄テレビ
続きを読む

足元も涼しげ 時は令和2年7月下旬──福岡・博多駅の地下食品売り場には、マスク姿でも笑顔と分かる、仲睦まじいカップルの姿があった。女性は買い物かごを自ら持ち、食材を選んでいく。レジで男性が支払いをする間、寄り添う女性は自然と彼の腕に自分の腕を絡ませていた。
【写真】原氏の腕にギュッと手を回して密着する、白Tシャツ姿のこじるり「女性は黒いジャージに細身のジーンズ、男性もストライプのシャツにジーパンというラフな服装でしたが、女性は一際スタイルが良く目立っていました。よく見たらタレントの小島瑠璃子さん(26)でびっくりしました」(居合わせた買い物客) 小島は「こじるり」の愛称で親しまれ、『アッコにおまかせ!』(TBS系)、『サタデープラス』(TBS系)などバラエティから情報番組まで数多くの番組に出演している。 そんな彼女が親しげに寄り添った男性は、『週刊ヤングジャンプ』(集英社)に連載中の大人気漫画『キングダム』の作者・原泰久氏(45)だった。古代中国を舞台に、大将軍を目指す少年と、若き日の秦の始皇帝が力を合わせて中華統一を目指すこの大巨編は、現在58巻まで刊行され、累計発行部数は6600万部を誇る。昨年には実写映画化されて興行収入57.3億円の大ヒットを記録し、2019年の邦画実写作品で1位。続編の制作も決まり、今もっとも売れっ子の漫画家である。 買い出しを済ませた2人は、原氏の運転する車に乗って福岡市内にある彼のマンションに向かった。さらに翌日、2人は車で「金印」が発見された場所として有名な志賀島(しかのしま)を訪れ、縁結びの御利益があるという志賀海神社を参拝。その後は映画を鑑賞し、またしても原氏のマンションへ。2連泊ということになる。「ずっとお会いしたかった」 小島は以前から大の『キングダム』ファンとして知られていた。2015年5月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の「キングダム芸人」では、同作に登場する美少女剣士・羌(キョウ)カイのコスプレで登場。 これに原氏が反応し、ツイッターに〈コジルリさんキョウカイのかわいさ。w〉と書き込むと、小島が〈きゃー嬉しいです〉と返信するやり取りがあった。前へ12次へ1/2ページ
続きを読む

(写真:琉球新報社) 沖縄県の玉城デニー知事は31日、新型コロナウイルスの新規感染者数が70人超に上ることを踏まえて、県の警戒レベルを現在の第2段階から第3段階「感染流行期」に引き上げ、県独自の緊急事態宣言を発出する方針を固めた。関係者が明らかにした。同日中に対策本部会議を開いて正式決定する。
 緊急事態宣言が発出されると、県の対策実施例では「不要不急の外出自粛要請」や「不要不急の県外渡航自粛要請」「飲食店の時短営業」などがある。
 同日、県内の感染者が70人超となることが複数の関係者への取材で分かった。30日に49人の感染者が確認されたばかりで5日連続の最多更新となる。県内でコロナ感染が急速に拡大し累計で400人に迫る勢いだ。
 玉城知事は30日にも県内で過去最悪の49人の感染が確認されたことを受けて、対策本部会議を開いたが、警戒レベルは引き上げず、第2段階に据え置いた。クラスター(感染者集団)が発生している那覇市の松山地域の一部に店舗を構える接待・接触を伴うスナックなどに8月1~15日の間、休業要請を実施することを決めた。その上で感染が拡大する本島中南部のクラスター対策を重視する考えを示していた。【琉球新報電子版】琉球新報社
続きを読む

↑このページのトップヘ