ヤフーニュースまとめ~

Yahoo!ニュースの人気記事を紹介。

2020年11月

 新型コロナウイルスの感染拡大で影響を受けた飲食店を支援する「Go To イート」のポイント事業で、店側が客を装って自店を予約し、利用があったと偽ってポイントを発行させようとしたとみられる不正事例が複数あることが、農林水産省への取材でわかった。
 ポイント事業は、グルメサイト経由で飲食店を予約・利用した客にサイトを通じてポイントが付与される仕組み。農水省によると、店の従業員や、従業員と共謀した人物が不正に関わった疑いがあるという。サイト側に不正を検出する仕組みがあり、実際にポイントが付与されたケースはないが、農水省とサイト側は警察に相談している。
 事業に参加しているサイトのうち、大手の「ぐるなび」と「ホットペッパーグルメ」の運営会社は30日、読売新聞の取材に「不正を助長しかねないので、詳細は答えられない」などと、それぞれ回答した。
 ポイント事業は10月にスタート。農水省によると、11月末に616億円の予算措置額に達し、新規予約の受け付けを終了した。
続きを読む

最近は見たことがない? 地方銀行でフロッピーディスクの取り扱いを終了する動きが進んでいるというニュースを受け、ネット上には「フロッピーディスク」に関する投稿が相次いだ。
■「アニメや映画でしか見たことない」というコメントも
 きっかけとなったのは、日本経済新聞(電子版)で2020年11月30日に配信された「地銀、フロッピーディスクの取り扱い終了相次ぐ」の記事。読み取り装置の製造終了などを理由として、取り扱いの終了が進められているというフロッピーディスク。1971年に開発され、最盛期は1990年代。2000年頃以降は徐々に廃れていった製品であることから、ネット上では未だ取り扱いがあったことに驚く声が多い。
 「フロッピーディスク...生きていたのか...」「2020年も終わろうとしているのに...」「は?今日の記事?20年前じゃなくて?」といったツイートが多く投稿されたことから、ツイッターでは「フロッピーディスク」がトレンド入り。
 「トレンドに入ってるけどフロッピーディスクの実物って見たことないもんなぁ......」「基本アニメや映画でヤバいデータやり取りするときにしか見たことない」「フロッピーディスク、分野的にも知ってはいますがあくまで教科書レベル。現物見たことないんですよね...」「黒電話とかの仲間だと思ってたからまだ現役だったのが意外」など、フロッピーディスクという単語は知っていてもイメージがわかないとする声も多かった。「絵文字の意味が誰にもわからなくなる日が...」 「てかFD売ってるところも読みとる端末売ってるところも見たことないんだけど、逆にこの時代でFD使うのってむずくないか?」「フロッピーディスクって、今どこで買えるんだろ」と、現代においてフロッピーディスクを使う方が困難だとする声も散見される。
 パソコンやスマートフォンには現在もフロッピーディスクの絵文字が存在することから、「【フロッピーディスク】の絵文字はどうなるんやろ」「絵文字の意味が誰にもわからなくなる日が段々と(迫ってきている)」とするコメントもある。
 Microsoft Officeシリーズなど、「保存」を示すアイコンにフロッピーディスクのマークを用いているソフトウェアも多いことから、「そういえば、ワードとかの保存マーク変わるんかね?ずっとフロッピーディスクのままですけれども」「『保存』マークは? ねえ、『保存』マークはどうなっちゃうの?」と心配する人もいるようだ。
続きを読む

小金沢昇司 (C)ORICON NewS inc. 酒気帯び運転のため警視庁に逮捕(現在は釈放)された演歌歌手・小金沢昇司(62)が30日、芸能活動を自粛することを所属事務所を通じ発表した。
小金沢昇司のプロフィール
 「この度は、私、小金沢昇司が起こしてしまいました酒気帯び運転、またその過程で物損事故を起こしたことも含めて、被害者や関係者の皆様に心からお詫び申し上げます」と謝罪した小金沢。「運転前に仮眠をとったもののアルコールが抜けていない状態で運転してしまったことは事実であり、弁解の余地がないものと深く反省しております」と過失を認めた。
 続けて「現在捜査中でもあり、これ以上のコメントができない状況ではありますが、今後も警察の捜査には最大限協力させていただくとともに、被害者の方にも誠意を持って対応させていただきたいと考えております」とし、「また、今後の芸能活動につきまして謹慎自粛いたします。関係者の皆様に大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます」と今後についても発表した。
 最後は「今回のことを深く反省し、日々気持ちを引き締めて生活していきたいと考えております。誠に申し訳ございませんでした」と重ねて謝罪している。
 各社報道では、小金沢容疑者は28日正午すぎ、東京都杉並区方南の環状7号線を走行中、トラックに追突。警察官が呼気を検査したところ、基準値を超えるアルコールが検出された。
 所属事務所は29日、報道各社へ書面を発表し「この度の小金沢昇司の報道を受けまして、関係者の皆さまに多大なご迷惑をおかけしましたこと、また世間をお騒がせいたしましたことにつきまして、深くお詫び申し上げます」と謝罪。「現在、詳細なあるいは正確な情報がなく、弁護士に依頼して、情報を収集しているところです。捜査中でもあることから、現時点ではこれ以上のコメントは控えさせいただきますが、詳細が確認されしだい、改めてお詫びとご報告をしたいと考えておりますので、何卒よろしくお願い申し上げます」コメントした。
 小金沢容疑者は1958年8月31日生まれ、神奈川県出身。北島三郎の元付き人で、1988年にシングル「おまえをさがして」でデビュー。CM『フィニッシュコーワ』に出演し、流行語大賞の銀賞を受賞した“歌手の小金沢君”としてブレイクした。
続きを読む

消火活動が続く住宅(視聴者撮影) 30日夜、北海道の中標津町の住宅から火が出て、男の子2人が死亡しました。
 30日午後6時半ごろ、中標津町東17条南2丁目の一戸建ての住宅で「屋根から煙が出ている」と、近所に住む女性から消防に通報がありました。
 火は午後8時過ぎに消し止められましたが、この火事で、住宅にいた6歳と4歳の男の子が死亡しました。
 警察によりますと、この住宅では38歳の会社員の男性が独り暮らしをしていますが、この日は、離れて暮らす息子2人が遊びに来ていました。
 火災は、男性が、男の子2人を住宅に残し、近くのスーパーに買い物に出かけていたときに発生しました。
 警察と消防は、火事の原因を調べています。北海道放送(株)
続きを読む

昨年に肺がんが再発していたことを明かした三遊亭円楽 (C)ORICON NewS inc. 落語家の三遊亭円楽(70)が30日、都内でアストラゼネカ主催のメデイアセミナー『緊急提言 新型コロナウイルス感染症流行下におけるがん検診の重要性~つづけよう、がん検診~』にゲストとして参加。2018年に患った肺がんが昨年再発していたことを明かした。
【写真】謎かけも披露した三遊亭円楽
 円楽は18年9月に初期の肺がんであることを公表し、10月5日に手術、11日に退院していた。昨今のコロナ禍の中、新規がん検診の減少や早期治療開始の遅れがもたらされているといい、この状況下でも、がん検診や定期検診を受けるよう促すイベントにこの日、出席した。
 イベントでは、世界肺がん学会理事長の近畿大学・光冨徹哉氏、日本対がん協会のがん検診研究グループマネージャー・小西宏氏、日本肺がん学会理事長の日本医科大学・弦間昭彦氏と共にトークセッション。登場するなり、円楽は「芸人の前に病人ですから」と軽快な言い回しで笑わせる。
 肺がんが見つかった経緯について説明。十二指腸の良性の腺腫があり、それを摘出する目的もあって入院しながら精密な検査を受けた際、小さな肺がんが見つかったという。「びっくりしました」と明かし、「がんを宣告された時の気持ちを聞かれた。そんなの、たった一言でしょ。『が~ん』って、それしかない」とニヤリ。司会を務めた木佐彩子アナウンサーが笑うか迷っていると円楽は「陽気ながん患者ですから笑っていいんですよ」と笑顔を見せた。
 偶然、精密な検査を受けた年に見つかった肺がん。「マメにいろんなところを検査してたおかげで見つかった。実はね、大腸もずいぶん昔にやっているんですよ。それもごく初期の扁平でちっちゃいの。初めて大腸の内視鏡をやって、怪しいからって病理検査をしたら初期だった。『来年だったら抗がん剤だよ。今のうちに取っちゃおう』と言って取った」と大腸がんも患っていた過去を明かし、検診の重要性を説いていた。
 今も毎月、がんの検査を受けている。「つらいという思いより、まだまだ生きられると思うと、ずいぶん違う。早期発見、早期治療。どんどん、医学の進歩がある」と力説。また、「去年、ちょっと再発したんですよ。薬を変えた。それで数値がよくなった。どんどん進歩している。もう少しでがんは怖くない病気になるんじゃないかな。今だって私は怖がってない。亡くなった時は寿命だと思って、やれることがあるのが幸せのが大事。何度も言うようだけど、見つけちゃった方が得。怖がる必要はない」と訴えていた。
 最後は「カメラの前で謎かけというと、4年前の嫌なことを思い出す」と軽くジョークを交えながら、謎かけを披露。お題は「がん検診」で「拍手もない下手な芸と説く その心は受けないと手遅れです」と話し、笑いを巻き起こしていた。「笑うことは大事。笑わせる方は大変だけどね」としみじみ口にしていた。
 その後、取材にも応対。昨年は脳腫瘍も患った。「今年はコロナでしょ。この3年はろくなことがない。たぶんね、歌丸が呼びに来ているのね。そうとしか思えない。肺がんが見つかったのは歌丸師匠の四十九日。調整して手術日が決まったのが百か日。脳腫瘍が見つかったのが一周忌」と笑う。
 それでも「あれだけ呼吸器つけて、酸素を吸いながら落語にしがみついたお師匠さんがいる。それに比べたら私はセーフ。まだまだ闘病もするし、治療もするけども落語ができる。普通の声で。まだまだ呼ばれないし、この業界に恩返しをして、お師匠さんや先代がいるところに、ゆっくり行こうと思う。そのためには先生に言われた検査は全部やろうと思う」と笑顔で口にしていた。大腸がんは「20年近く前。表層だけで、よく見つけた、と。それはツキもあったね」と説明していた。
続きを読む

着ぐるみでもかわいい! 炭治郎と禰豆子 映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が歴代興収ランク2位になるなど、話題沸騰中の漫画「鬼滅の刃」。最終刊の23巻が12月4日に発売されるが、既に複数のインターネットサイトで紙の漫画の予約ができない状態だ。ネットでは「油断した」「当日狙うしかない」という悲鳴も相次だ。
◆【写真】木村カエラ、長男との『鬼滅』”絵対決”に「うますぎ」
 最終刊の表紙は、鬼との戦闘で手が傷だらけとなった主人公・炭治郎と、当初、鬼に襲われ人食い鬼に変貌した妹の禰豆子(ねずこ)の牙が消えた状態で、笑顔で2人で手を振る感動的な仕上がりとなっている。初版発行部数は395万部。掲載時にカットした漫画や書き下ろしの特別漫画などが収録されている。
 フィギュア付きの特別版ではなく、税込み506円の通常版すら在庫がない状況のようだ。「Amazon」は「現在在庫切れです」表記で、「Rakutenブックス」も「ご注文できない商品 再入荷のお知らせ」との表示。「セブンネットショッピング」も「入荷お知らせ」のボタンしか押せず、「TSUTAYA」も「予約受付終了」、「紀伊国屋書店」も「ご注文受付を終了しました」といった同様の文言が並ぶ。
 一方で、電子書籍に関しては、Amazonでも現在購入予約の注文ができる。近年、電子書籍市場が伸びて「紙の本」の売り上げ低下が取りざたされる中、異例の状態だと言える。
 ツイッターなどでは、ネット予約ができない状態に「久々にネットじゃない本屋で予約した」という声や「23巻どこも予約できなくなってる~。油断した」「当日狙うしかないね」などと事態に動揺する声も散見された。中日スポーツ
続きを読む

↑このページのトップヘ