製品評価技術基盤機構(NITE)は、新型コロナウイルスへの消毒目的として利用されている「次亜塩素酸水」について、現時点において「新型コロナウイルスへの有効性は判断できない」との中間結果を公表した。特に、噴霧での利用は安全性が確認されていないと注意喚起している。

新型コロナウイルスに対して有効なアルコール以外の消毒方法の有効性を検証する調査の一環で、界面活性剤 11種とともに、次亜塩素酸水(電気分解で生成したもの)で検証試験が行なわれた。

国立感染症研究所の次亜塩素酸水の検証試験では、一部のサンプルで感染価減少があったが、北里大の検証試験では、ウイルス不活化効果は認められなかったという。NITEは今回の試験では「次亜塩素酸水(電気分解によるもの)についての有効性は判断できない」とし、引き続き評価を進める。

また、次亜塩素酸水として販売されている製品は、製法(電気分解、混和等)や原料が明記されておらず、液性をpH値によって明記しないものも多く、安全性も根拠不明なものが多いと指摘。

特に噴霧での利用について、注意を促す文書を公表。NITEの調査で販売状況を確認できた81品目中、66品目が空間除菌を謳って販売しているが、空間噴霧については、ウイルス除去性能の評価方法が国際的に確立されておらず、また、次亜塩素酸水の噴霧が「換気によるウイルス排出や、『3密』回避による感染防御よりも有効とする分析は、発見されていない」としている。

同様に消毒液噴霧による人体への安全性についても、確立された評価方法が無く、消費者からの事故情報データバンクには「次亜塩素酸(水)の空間噴霧による健康被害」と捉えられる報告が届いていることなどを指摘している。

【訂正】記事初出時に、タイトルを「新型コロナへの有効性は確認されず」としておりましたが、継続して評価が進められるため、タイトルを変更。追記しました(30日1:00)

■新型コロナに有効な界面活性剤を追加

なお、新型コロナウイルスに対して有効な界面活性剤の検証も進めており、新たに塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)、塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)も有効と判断。

有効と判断された界面活性剤は、以下の7種。

・直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム(0.1%以上)
・アルキルグリコシド(0.1%以上)
・アルキルアミンオキシド(0.05%以上)
・塩化ベンザルコニウム(0.05%以上)
・塩化ベンゼトニウム(0.05%以上)
・塩化ジアルキルジメチルアンモニウム(0.01%以上)
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル(0.2%以上)

これらを含んだ住宅・家具用洗剤のリストも公開している。ただし、これらは身近な物の消毒用で、手指・皮膚には使用してはいけない。スプレーボトルでの噴霧も行なわないよう呼びかけている。

みんなの感想

  1. 案の定とてもとても勘違いしている人がコメント欄にも多いが
    次亜塩素酸ナトリウム(漂白剤)の希釈液と次亜塩素酸水は全く別のものですから。
    漂白剤を薄めて使うのは効果がありますし持続性もあります。

    次亜塩素酸水は食塩水を電気分解してできる生成物の為数時間〜数日経つと無害の水に戻ります。
    巷で次亜塩素酸水をポリバケツで汲みに行っているような人をテレビで見かけるたびに知識というものの大切さをつくづく思います。

    次亜塩素酸水にも殺菌効果はあるので生鮮食品や食品工場などの洗浄で使われます。時間が経つと水に戻るので水での洗浄もいらず食品についても無害で費用も安く抑えられるので普段はそういう使い方をする物です。保管には全く向きません。

    51 2

  2. 次亜塩素酸水の一番の問題は安定性の悪さ。
    何でもかんでも一つの消毒薬に頼るのではなく、問題ない場所は別のものを使っても良いのでは?薄めたハイターで問題ないところもあるし、気温高いから逆性石鹸でもなんでも良いのかと(安いし)

    まあ次亜塩素酸水は消毒薬ではないが。(あえて言うなら除菌資材?)

    99 69

  3. 市役所や行政センターでは1人500mlまでと制限をつけて市民に散々配布しました。消毒アルコールが手に入らないので多くの人が三密を避けたい時に仕方なく並んで配給されていました。
    その次亜塩素酸水をあっさり効果ないなどと表現してよいのでしょうか。市の信用問題にもなります。
    ドラッグストアやホームセンターには確かに聞いたことないメーカーのものや、韓国のものなどよくわからない製品が出ています。次亜塩素酸水が効果ないのではなくその製品の質の問題なら、市民の不安を煽るような記事は書かないで欲しいです。

    215 30

  4. このタイトルはミスリードを誘発する。
    市販の次亜塩素酸水に濃度とPh表示が無いということを問題にしているわけで、次亜塩素酸水が除菌できないということではない。
    それから空間除菌については次亜塩素酸水自体いままでは食添として認可されていたわけで、それ以外の除菌能力は検証されていないのにパッケージ表示があるということを問題にしているわけ。
    早くどこかの研究機関が検証してくれるといいのだが・・・

    2598 219

  5. アルコールにアレルギーがある方などは次亜塩素酸水を使用して手指の消毒をしていると聞きます。
    アルコールや界面活性剤のような明確な効果は確認できないのかもしれませんが、全否定もできないのではと思います。
    問題なのは、製法や有効期限、濃度などの表記もせずに販売をしている会社があるという事。
    これはアルコール製品にも言えること。きちんと見極めて使用することが大事だと思います。
    また、次亜塩素酸水と、次亜塩素酸ナトリウムを未だに混同している人が多い。
    間違えると大変なことにもなりかねないので、そちらの注意喚起ももっとするべきだと思います。
    手洗いは石けんで充分、最適だと思いますが、やはり外出時の手指の消毒にはアルコールジェルなどが欲しいところ。
    否定するばかりでなく、有効な使用方法、正しい選び方を教えていただきたいものです。

    40 4

  6. 次亜塩素酸水は芽胞菌やノロウイルスに効果があるという論文を見たことがあります。
    多くの病院や歯科医院、他の医療機関で使用しています。
    このNITEが調べた、次亜塩素酸水の性能評価試験のデータを公表して欲しいものだ!
    また、空間噴霧についても、次亜塩素酸ナトリウムを薄めた溶液は人体に危険と思うが、弱酸性の次亜塩素酸水は非常に安全であり、うがいにも使用している人もいます!
    なので、こんなNITEでの評価は当てにならん!

    45 7

  7. タイトルがおかしくない?本文を読むと「次亜塩素酸水」ではなくて、「次亜塩素酸水として売られている製品」の有効性が確認されない、だよ。そりゃそうだよね、成分や濃度すら怪しい製品なら確認のしようがない。逆にどんな成分や濃度なら有効か、そしてそれを満たす製品名とメーカーを教えてほしい。

    846 35

  8. これ、ハイターとは違うものだよね。次亜塩素酸ナトリウムじゃないもんね。
    次亜塩素酸水は、一般的なウイルスや菌によく効くけれど、紫外線とかで分解されて効き目がなくなりやすいから、希釈して使用する時は早めに使わなきゃいけないって聞いたよ。

    353 23

  9. NITEは信頼できる。
    ただしNITEが言っているのは次亜塩素酸水がコロナに効果ないとは言っていない。これらを利用した製品には効果が検証出来ないものがあるとしか言っていない。
    そもそも次亜塩素酸ナトリウムならともかく次亜塩素酸水は経時ですぐ塩水になっちゃうよ。次亜塩素酸ナトリウムよりずっと効果は高いけど長時間もたない。作った端から使っていかないと意味ない。だからそれを使った製品なんで効果ないと言っているんです。

    57 10

  10. 次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムも全く別物ですがこの記事の内容では間違えてしまう人もいると思う。もう少し分かりやすく記事にして欲しいです。

    189 9

  11. 消毒液も大事だけど、一番重要なのは石鹸でしっかり手を洗うこと。消毒液を使うのは最後で、リンスみたいなもの。

    消毒液に過度に期待しないこと。
    そして使うならアルコール入りのもの。

    82 27

  12. 次亜塩素酸水に関しては科学者達が空気噴霧に関して効果がないことや人体への危険性について指摘しているのにも関わらず、謎理論で次亜塩素酸水による空間除菌を信仰している人がたくさんいます。
    一般人の科学リテラシーを高めるのも必要ですが、名の通った会社(P社など)が次亜塩素酸水が出る空間除菌機を販売しているのも問題だと思います。

    34 15

  13. 素人がよくわかない物を自分の価値観で試しだす。
    個人で勝手に試すのは問題ないと思いますが
    (他の人に要らぬ情報を流さない)
    ネットにその使用を流すのは止めるべきである。
    強酸性水を正しく使ってる人の迷惑である。

    36 10

  14. この記事はミスリードの恐れがあります。一般論として次亜塩素酸水の新型コロナに対する有効性を否定しているのではなく、販売製品の品質にばらつきがあるため、有効性を担保できないと言っているだけです。写真を読まないと真意がわからない記事を書く記者の能力を疑います。

    34 1

  15. この記事はかなり反次亜塩素酸水の立場の記者が書いた記事だろう。
    niteのホームページでちょくちょく発表される資料に目を通しているが、4月30日発表の代用ウイルスによる試験ではウイルス感染価が4桁以上減少している。
    次亜塩素酸水は製法により食品添加物として認められるもの、認められない物がある。一般の方は次亜塩素酸ナトリウムと混同し易い。不安定な物なので、ビックリする程短い時間で塩素濃度は減少するし、光、熱でも分解は進み、知らないうちに効果が無くなってしまう。玉石混淆の次亜塩素酸水市場の現実を考えると安易に有効性を認めてしまうと新たな事故、健康被害を起こしかねない。よって、有効性が示唆されても有効宣言を出し難い事実が有るのだろうと思う。

    43 11

  16. 拭き取り、洗浄は効くけれど、基本的に消毒単体をアテにしてはいけない。
    やらないよりはマシという程度と認識しなければ。
    (セットは効くとは思う)

    68 32

  17. この報告はおかしい。次亜塩素酸は昔からから医療器具の消毒にポピュラーに使用されている。病院では、アルコール(75%以上濃度)<次亜塩素酸<煮沸消毒(何分行うかにより強度区別あり)、これらが使用できない器具等の消毒は放射線なども使用されているはず。当然、石鹸も使用されている。これ、常識です。医療教科書にも出ています。この点を挙げて説明していない点で、非常に偏った報道です。鵜呑みにしないようにしましょう。アルコール濃度の問題も、医療用とうたうものは殺菌時間を優先した濃度を言うのであって、75%未満でも消毒は可能ですし、この点も話を混同している人が多い。ネットの危険な部分です。注意しましよう。

    55 7

  18. 記事の書き方一つで読み手の印象は変わります。
    この書き方では「次亜塩素酸水はコロナ対策に効果がない」と受け取られてしまいます。
    あくまでも、現段階で明確な有用性を証明できなかっただけに過ぎず、消毒作用としてはこれまでの研究結果から一定度の期待を持てる可能性はあるはずだ。
    100or0で受け取られるような書き方は誤解を与える。

    そもそもが、現段階では新型コロナウイルスは未だに未知のウイルスであり。世界中の科学者や感染症の専門家が束になって研究をしていても、一体何が効果があるのか、何が影響しているのか、ウイルスの特性を明確に掌握できていないのだから
    無責任に効果の有無を名言するべきではないと思う。
    今後、仮に有用性が立証された場合は、ひどいミスリードを起こしたという責任も付随する。

    記事の書き方はもっと慎重に行うべきだ。

    274 21

  19. 次亜塩素酸水が効果が無いのではなく、市販のものは所定のpHになってなかってり、塩素酸濃度が低かったりしているため、効果が無いのでしょ。まるで、次亜塩素酸水自体に効果が無い様に報じるのは、如何なものかな?

    127 10

  20. NITEは医療点数となるアルコールを牛耳る天下り組織で、次亜塩素酸水にシェア拡大されるのを防がないといけない。
    次亜塩素酸水は日本だけじゃなくて世界中でウイルス除去に有効性が認められていて、無効との結論も出せず中間報告として有効が確認されないというのは、かなりの悪意を感じる。

    88 7

  21. 次亜塩素酸水の噴霧が効果ないと言ってるだけであって、
    消毒に効果がないと言ってない。あきらかに悪意ある記事じゃね。

    事実、アルコール消毒の代替品として販売されているし、有効性も判明している。

    こんな記事に惑わされることなく、効果ある次亜塩素酸水を使っていきましょう。

    212 42

  22. 次亜塩素酸水は安全性が高いから病院や介護施設でも利用されてるよね?

    47 6

  23. ちょっと前は学者の皆さんがハイターを薄めて使えば除菌効果が有ると言っていたよね?
    それは政府の広報だったと思ったけど違ったのかな?
    元々学者さんはコロナは怖くないとかマスクは感染者さんが使うだけで良いとか、言ってたけど、掌を返して変節するから信用出来ないと思うけどどうなんだろう?

    113 74

  24. 次亜塩素酸水は効果があるとの認識だったけど、そうではないと言うことなのか?
    スーパーやお店などの入り口に消毒用に置いてあるけど意味がないということになれば、みんなが使う事で逆に感染を拡大させる要因にもなる。
    多分、メーカーでは実験して効果を確認しているが、論文などのかたちで検証報告が存在しないという事なんだろう。無いならNITEに実際に実験で検証してもらいたい。

    71 13

  25. それって、次亜塩素酸水が効かないんじゃなくて、次亜塩素酸水の取り扱いや保存方法や使用期限に気をつけないと水吹きかけてるのと同じって話でしょ?
    次亜塩素酸水が効くか道かとは別問題だと思うけど。
    市販品に何かしらの規制をかけたり保存方法や取り扱いについて、周知するとか、いまでまわっている怪しげなやつではなく、自宅で手軽にちゃんとした次亜塩素酸水を作れる機械なりを作って広めて欲しいわ。

    53 3

  26. タイトルが正しく内容を反映していない。
    記者も、確認するデスクも、ちゃんと理解した上で記事を上げて欲しい。恥ずかしいだけでなく、読者に誤った情報を刷り込むことになる。

    話の本筋は、市販品にそういった効果が期待できる品質を備えていないものがあるということ。
    また、いわゆる「空間除菌」は有効性を確認できないということ。
    それ自体は昔から指摘されており、科学的にも当然の話。
    次亜塩素酸水自体は、一定以上の濃度のものでシッカリ濡らせば、効果が無い訳がない。

    PCR検査が、原理上ほぼ100%なのに、検体採取の問題で感度・精度が下がるという話と似ている。

    60 3

  27. 10数年前に次亜塩素酸水を作る機器を取り扱っていました。次亜塩素酸水は水に塩を入れて電気分解して作り出すのですが、精製直後は殺菌効果が期待できますが、時間の経過とともにただの水に戻ってしまいます。市販されている次亜塩素酸水が不思議でした。報告の通り効果は期待できないと思います。

    79 21

  28. 次亜塩素酸を規定の倍数で(水です)薄め掃除に使っています。
    裏面には適正数値の記載・使用期限の記載が有るものを選んで購入し、光に当たるとダメとの事で遮光仕様のボトルに入れ2日以内に使用しています。
    ちゃんとした次亜塩素酸なら必ず使用期限や適正数値の記載がある筈なので、購入時に確認すると良いかと思いますが...
    アルコール除菌剤もありますが、必ず%の記載があるものを購入する様にしています。

    216 32

  29. 次亜塩素酸ナトリウムは効くよ。
    次亜塩素酸水は確かに怪しい?
    区別がついてない人が多いけど。

    46 23

  30. まず、次亜塩素酸ナトリウム水と次亜塩素酸水の違いをはっきり告知しないと。
    次亜塩素酸ナトリウム水(ハイター)は、同じコロナウィルスであるSARSの時に有効性が確認されているようですが、薄めて使っても毒性が残るので水洗いが必要。
    記事の次亜塩素酸水は、毒性もなく今回のコロナにも効く可能性は高いでしょう。ただしこれは、精製しながらかけ流しで使うものです。空気に触れたり紫外線にあたると効果がみるみる落ちます。だから、ボトルに詰めて手軽に使う、なんて用法では、効果の程が怪しいのです。
    このように、丁寧に説明するべきだと思います。

    2075 147

  31. 化学的なことは知らんが、消臭効果は素晴らしいので、ペットのゲージやトイレの掃除に使ってるー

    71 4

  32. あ~こういう情報はどんどん拡げてもらいたいね。
    暴利を得るためにデマを流した連中がいるはずだと思う。

    37 16

  33. 次亜塩素酸とだけ書くと、次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムとを混同してしまいそう。
    次亜塩素酸水は直ぐに劣化して殺菌作用がなくなってしまうから、常備用として置いていたり持ち歩いたりには向いていないものですね。

    234 23

  34. 専門機関の発表なのに、ずいぶん曖昧な報告ですね。

    「次亜塩素酸水は一切効果がない」のか、空間中への効果だけが評価できないのか。
    また、濃度やphがどのようなものであれば効果が認められるのか。

    具体性がないまま、有用性が確認できないという見出しでは、正確な情報とは言えません。

    未だにハイター(次亜塩素ナトリウム)と混同している人もいるし。

    56 8

  35. それはおかしいですね。
    次亜塩素酸水は、厨房レベルでノロ対策などで使っていますし実際に北海道大学の研究センターでも次亜塩素が40ppm以下で不活化していることが発表されています。
    どのような条件下で調べたのか?
    中には薄まった次亜塩素で調べて効果ないといってる人もいます。
    商品をテステープで濃度を確認した上での発表ですか?
    責任持った研究結果なのでしょうか?
    混乱するので根拠をしっかりと伝えて下さい。
    何を信じていいのかわからなくなります。
    ご自身の立場を考えて伝えてほしいです。

    412 67

  36. 次亜塩素酸は公的な機関の試験でも様々なウイルスや細菌に対する効果が確認されている。
    最近でも北海道大の玉城名誉教授が新型コロナの感染予防効果を実証し、消毒液として推奨している。
    これらの実験が誤りだとは到底思えない。
    次亜塩素酸を噴霧するパナソニックのジアイーノや次亜塩素酸の機械をつくっている森永、ホシザキあたりはどう反論するのだろうか。
    個人的には次亜塩素酸系除菌消臭剤は長年使ってきた商品で消臭力も高く替えが効かない非常に有用なアイテムだと思っている。

    86 9

  37. 次亜塩素酸水は歯医者でも使用されている。
    この記事は
    まがい物のことを言っているのだろうけど、
    次亜塩素酸水が有効がないと誤解しかねない記事。
    こういうのが出てくる背景を考えると
    次亜塩素酸水が広く広まると困る業界があるんだろうね。

    957 91

  38. でも、何もかもしないよりはマシ

    次亜塩素酸水を使ったからといって
    100%大丈夫とか皆さん思ってないと思います

    エタノールが手に入らない、もしくはあり得ない金額だから仕方なくとかもあるんでは?

    そんな事情に乗っかって、いい加減な商品を出品してる人達はいるでしょうね
    買うときは慎重にしないと

    35 5

  39. 店で加湿器にいれて使っていますが、元々そこまで信用してなかったので換気を積極的に行ってきました。この記事を見てやっぱりと思いました。ただ一番問題なのは消毒液として使っていることです。うちは手は必ずアルコールを使っていますが、とにかく入手困難。近くのスーパーは次亜塩素酸水なので嫌です。皆が触ったポンプを消毒効果ないのにわざわざ触ってたかと思うと恐い!手に使えるアルコールを楽に買えるようにしてほしい。そうすれば惜しまず店内を消毒しまくります。

    40 14

  40. アルコール除菌薬の詰め替え用が手に入らないのか、透明〜半透明の容器に次亜塩素酸水を詰め替えて使っているスーパーや銀行をよく見かけます。
    次亜塩素酸水の効果については、インフルエンザウィルスやノロウィルスでは評価されてきたので、新型コロナウィルスにだけ効かないとは思ってないけど、紫外線で分解されてあっという間にただの水になってしまう事について十分な説明のない商品が多いのが気になる。
    ホームページで確認しても、使用期限にしか触れられていません。

    249 20

  41. 10年程前に乳児の世話でお世話になった代物。脱臭効果は凄まじく高いけど大変重宝しました。長く容器に入れてるとスプレー部分が変質してスプレーできなくなるよね。正しく使えるといいね。

    36 9

  42. スーパーの入り口にいつも置いてあるけど、そのボトル自体がめちゃくちゃ汚いので触れません。みんなよくあれ触ってるなと思ってたので、有効性が確認されなくて良かった……。

    46 34

  43. pH2.5 74mg/Lの次亜塩素酸水とコロナウイルス液をまぜあわせて1分反応させたところ、99.99%以上のウイルスが不活性化された。
    という大学の研究結果も出ているので、適切に電気分解できているものなら効果はあるのだろう。
    続報でpHはあまり関係ないとの成果もあった。

    ただ安定性が悪いのでしばらく置いておくと水に戻るのでシビアな管理が必要となる。
    化学試薬とかも売られているけど、必ず遮光瓶で使用期限も明記されています。
    なので食塩水からきちんと分解する機械を買うなら効果はあるが、市販されているタンク入りのとかはほぼ効果ないとみていい。
    ちなみに卓上の簡易電気分解のだと74mg/Lに届かないものがほとんど。

    630 55

  44. この記事は問題ですね。

    原文には「現在は」確認されていないとあります。
    意味としては、効果がないと言うわけではなく、
    評価が定まっていないと言うニュアンスです。

    この書き方では、効果がないと勘違いします。
    意図的であれば悪質で、無意識であれば低レベルです。

    1097 102

  45. とんでも商品があるのは事実なので、注意は必要ですね。現段階では試験中なのであって、有効性が確認されていない訳ではないのですけど・・・・・
    現に、国立感染症研究所の検証試験では、実測値PH5.0、有効塩素濃度49ppmの電解型の次亜塩素酸溶液での検査では、測定した全てのすべての反応時間において99.9%以上の感染価減少が認められたとデーターが出てますが、違った溶液では不活化が確認されなかった溶液もある為、これらの観点から、継続検討になっているものと推測されます。

    ただ、50ppm程度の有効塩素濃度では、ある程度の菌やインフルエンザなどに対しての試験上の効果試験での結果は有効でも、今回の新型コロナには厳しいのかもしれませんね。

    もしかしたら、効果なしとなる可能性はありますが、やはり安定的な不活化には、100ppmとか200ppmとか必要な気がします。

    ただ、とんでも商品には注意ですね。

    89 12

  46. 「次亜塩素酸水について新型コロナウイルスへの有効性は確認されていない」
    →2か月ぐらい前にTBSのNキャスで有効と紹介していた。

    「有効な界面活性剤の検証も進めており、これらは身近な物の消毒用で、手指・皮膚には使用してはいけない」
    →テレ朝のニュースな会に出演している医師が台所用洗剤を水で薄めて
     噴霧すると紹介していた。
     しかし記事にあるように一定の濃度が必要で水で薄めたら効果が無い。
     この医師は最初はキッチンハイターを薄めて噴霧と言い、
     その後に台所用洗剤を薄めてと言い換え、
     メーカーから危険性を指摘されたのか?今では一切言っていない。
     界面活性剤は人体には有害なので皮膚に触れたり目に入ると非常に危険です。

    テレビに出演している医師や専門家?の発言は、
    実証されていないものを経験値や推測で言っているので嘘が多く、
    後から覆される事が多いので注意です。

    90 2

  47. お店利用時に手にかけるのを半ば強制的にするところも見かけられるので、この情報はテレビや新聞などでも広く報道していただきたい

    155 45

  48. 次亜塩素酸水は、生成した直後&適切な濃度であれば、消毒効果はあると思われるが、
    多くの場合、日光によって消毒効果は無くなっており、濃度も不明なものが多い。

    次亜塩素酸水を行政が配布したり、それなりの値段で販売されている商品も見かけるようになったが、消毒効果はかなり疑問。

    スーパーや飲食店の入り口に「次亜塩素酸水」が消毒液として置かれているのを見かけるが、あれは使わないほうがいい。

    また、アルコール消毒液についても、匂いを嗅いでみて明らかにアルコール臭が薄いものは効果がない。

    品不足やコストカットで、アルコールを水で薄めすぎているものが置かれている場合がある。

    やはり、きちんと有効性が確認された以下のものを使用すべきだ。
    (1)アルコール消毒液(濃度70%以上)
    (2)次亜塩素酸ナトリウム(ハイター等を薄めたもの)
    (3)界面活性剤(台所洗剤、石鹸など)

    34 14

  49. 次亜塩素酸は 消毒液の王様みたいに思っていたけど。今更こんな記事と思ってしまう。お店とかにおいてある消毒液の多くは次亜塩素酸のような気がするけど。で アルコールは有効性は確認されているのか? と いう疑問もわいてしまう。

    95 64

  50. 効かないと言われたものがドンドン効くと判定されていくのに、次亜塩素酸水は何なんだろうね?
    40ppmじゃ低いと言う意見もあるけど、一世代前の電解装置だとこんなもんじゃなかったか?

    薄めたハイターとクエン酸の混合液とかでも必要な次亜塩素酸とpH作れそうだけど、それじゃどこの業者も儲からないからやらないんだろうな。

    99 77

  51. 次亜塩素酸の霧が噴いているところあるけど、安全性は十分に検証してほしい。
    中国で予防のために、高濃度の次亜塩素酸ナトリウム消毒液を吸いすぎて逆に肺炎になったニュースもあったから心配。

    446 117

  52. 記事の書き方が悪いのか、次亜塩素酸水がまるで効果無しのような感じに受け取れるけど、効果はあるけど使い方と製品次第という事。

    空間除菌をうたう据え置きタイプの製品や、首からぶら下げるタイプは換気するのと大差ない。

    だけどPHの安定した次亜塩素酸水は、間違いなく効果はあるし死活化させる。
    肌への塗布へPH次第。次亜塩素酸ナトリウムになっていなければ(弱酸性であれば)肌への塗布は可能。

    安定性が悪いから、調査の為に調べるのも大変なんだよね。

    117 7