河野防衛大臣は、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止に関連し、これまでアメリカなどに支払った金額は196億円に上ることを明らかにしました。
 「契約が済んでいるものは1787億円。既に支払っている金額は、これはアメリカに対して、あるいは国内において、196億円になります」(河野太郎防衛相)

 参議院決算委員会の閉会中審査で、河野防衛大臣は「イージス・アショア」をめぐり、2017年度から今年度までに計上された予算の総額は1921億円で、このうち、契約済みの分は1787億円と説明。そして、すでにアメリカや日本国内で支払いを行った金額は、196億円に上ることを明らかにしました。契約の取り扱いについて河野防衛大臣は、今後、日米間で協議するとしていますが、すでにアメリカ側が製造した分のコストや事務費については日本側の負担になるという見通しを示しました。

 また、今年は在日米軍の駐留経費の日本の負担についてアメリカと話し合う予定ですが、配備計画停止の影響について河野大臣は、「交渉に悪い影響を及ぼすとは考えていない」としています。(22日15:54)

みんなの感想

  1. これは埋没費用と思うしかないね。
    現時点で、配備のめどが立たないことや、仮想敵国の装備を考えて、防衛効果が乏しいと考えるならば、今後維持費や調査費、建設費で失われるコストも考慮し、中止という判断になったものと思われる。
    ムダ金というかもしれないが、刻々と状況が変わる中で、その時その時において、妥当な判断がなされているということならば、やむを得ない部分はある。今までの費用が無駄になるからと言って、無用の長物を作ったって意味がない。

    7 1

  2. イージスアショアの一番の欠点はその立地条件とコスト。当然住民の方々は不安で不安で仕方がない事でしょう。そしてかなりのコストがかかる、、、といってもイージスアショアの一番の利点とも言える。イージス艦であれば護衛艦を動かす費用も人件費もあとあとイージスアショア以上に膨れるはず。今のこのタイミングで計画停止は他の国々にとって日本にどんな影響を及ぼしてくるか、、いずれにせよ、思いきって停止に踏み込んだのはいいと思う。あとはそれにかわる国防を考えないと。防衛の為の敵基地攻撃能力は必須。

    465 63

  3. アメリカの武器購入に既に、
    結局、破談になり1兆円もの
    品物が無い買い物をしている。
    過去のを合わせてだが。
    日本はアメリカが防衛してくれると勘違いしてる方がいますが
    実質、アメリカに影響がなければ動きません。
    大陸では韓国が第一次防衛ライン
    海洋では日本が第一次防衛ライン
    日本は第9条で意見がわかれてますが
    個人的意見は戦争しないで最強の武器、攻撃能力が一番の防衛と思います。
    それを、使える人達の気質じゃなく
    つかわなせない、法律と
    いざとなったら即攻撃出来る法律の二種類が必要と思う。
    武器、防衛の国産化を望みます。

    22 2

  4. 詳しくはありませんが、ミサイル迎撃ってかなり高難度の技術らしいので、他の方も書いている方がいますが、敵のミサイル基地も攻撃する方法などももっと考えたほうがいいではないですかね!! 安全に関わるし、費用も莫大なので現実的に出来る、出来ないで考えれば、なんとなく答えが見えてくると思う!

    11 0

  5. 良くこの段階で止まったと思う。原発とかダムの様に一度進み始めたら止まらないのが今までだった。これから先もどの様な計画も一度は立ち止まって再考して欲しい。再考の結果で進めるなら進めるだし、止めるなら止める、が出来れば今迄よりずっと良い。本当は計画段階で良し悪しが正確に付けられるのが最善ではある。

    399 9

  6. 「戦争にならないための外交努力も必要」
    たしかにそうなんだけどね
    軍備拡張ばかりではお互いに拡張競争になって危険が増すだけだ

    でもね、未だに侵略の野心を持って一方的に国土を拡張しようとしている国がすぐ隣りにあるわけで
    意志と意図を持ってやっているから、軍備は必ず必要だ
    外交努力だけではどうにもならない

    日本が版図を広げようとする意志がないことは明白にわかる
    誰もそんな事を考えてない
    しかし中国は違う
    南沙に侵略を続け、尖閣に少しずつ攻め込み、現状変更を画策しているのは明白だ
    北海道などで水源侵略も行っている
    毎日現状変更しようとしている国を止めなくてはならない
    中国共産党を引きずり下ろして民主国家にするか、世界と協力して中国解体を進めるべきだと思う

    28 1

  7. 河野大臣だからこそ任期中にはっきりと中止判断しただけであって、計画立案はもっと以前に確定していた。いつもしっかりとご自分の言葉で発言される立派な大臣だと思う。一見協調心のないように見えても、自ら常に国益を考え忖度無しに正しい行動が出来る人こそ国会議員に相応しい人だと思う。

    604 26

  8. そのまま続けていれば、さらなる金をどぶに捨ててたということになるなら、過ちを認めたともとれる決断は正しい。
    196億円は大金だが、ゴミと化している安倍のマスクよりもコストはかかっていない。
    そして、過ちを認め、判断を覆すことなく、口先だけで責任は我にありと言っているのが、現政権。こういう姿勢があれば、国民ももう少しついてくると思うのだが、なぜそれがわからないのか。
    それにしてもこれについて、とやかく言っている歴代防衛大臣とか、重鎮連中は、なんなんだ?呂律すら回らない爺様はそろそろ隠居してほしいものだね。

    51 3

  9. 日本のように軍備の仔細を公表する軍隊は世界に有るのだろうか?
    ブースターが基地内に落下する保証がないことが本件取り下げの主たる理由で有るとするなら、パトリオットでの撃墜も同様ではないのか?
    防衛省の設置場所の選定から始まり不思議だったが、自衛隊内でどの様に練られた案・戦略なのだろうか?
    陸上自衛隊が押し付けられたのか?逆に攻撃型ミサイル基地への変更を狙い、制服組が押しきったのだろうか?
    何れにしても、国防に関しての情報は良く考えてオープンにした方が良いと思う。

    7 0

  10. 河野防衛大臣でなければ継続してアメリカに金を出し続けたこととなる。
    初めてアメリカに反論した防衛大臣と言えるのではないでしょうか。
    商買人トランプ大統領になってから防衛負担が桁違いに増えた。
    安倍総理は日本の将来を考えているようで、まるで考えていない。
    事実上、自衛隊を軍隊にする憲法改正もアメリカの要請に過ぎない。
    日米同盟の名のもと、自衛隊がアメリカにいいように利用される。

    324 18

  11. アメリカとか自国で兵器開発してるなら、計画途中の開発中止や、費用対効果や戦術変化で不採用とかで、開発費は金どぶは当たり前。
    この段階で方針見直しできたのは、ましなほうじゃないの?代替え案はもう、撃たれる前に撃つしかないよね。
    有事の際、アメリカなら攻撃OKで、日本はNGってのも、交戦国にしたら関係ないし。
    そもそも兵器の攻防コスト差は大きいんだし、盾だけの抑止力の時代は終わったと思うね。

    108 3

  12. 戦闘機や防衛システムなど自国のニーズとの精査を
    行わず衝動買いするにはいつものこと。
    最新鋭が日本の防衛にとって最も有効であるとは限らない。
    アメリカ自身もF15やB52をコストパフォーマンスを考えて
    使い続けている。借金だらけの日本は尚更必要と思う

    23 4

  13. いい加減にジャイアントランプとのび太アベのような関係を止めて欲しい。政治の世界にドラえもんはおらず、使われているのは国民の税金です。河野さんの言動はアベがのび太になっていることを示す一例になったと思います。その意味で高く評価できると思います。

    38 5

  14. 言われたまま買うのでは無く、洋上基地の判断は素晴らしいと思います。洋上基地については悪天候だと精度が下がる懸念があるなら、陸に上げられるようにとか海底に固定など、工夫するのが日本の技術。イージス艦の増艦も費用はさておき効率が良いと思う。尖閣諸島など、日本海の防衛は国産無人戦闘機と合わせて増強するべき。

    48 3

  15. 河野防衛大臣が合理的に判断した結果だが、ここに至るそもそもの責任は安倍総理にあるように思える。武器商人?トランプへの従属外交が、きちんとした検討精査もなく商談成立させた責任は重い。
    安倍総理は国や国民を守るという建前で、イージスアショアの導入、ステレス戦闘機の爆買いなど、事前に国民への説明合意など無視して進めた責任は問われる。
    防衛予算が国会で通過承認されたから、何に使っても良いということにならない。国会承認とともに国民が納得するものでなければならない。
    きちんと導入の経緯からここに至った流れを国民に説明する義務を負う。

    148 6

  16. 現地確認をGooglemapで見た、という時点でダメだと思っていたし、もっと早く止める事が出来たのではないかとは思うけれど、とにかくこのまま事が進まなくてよかった。
    けれども、こんな事態になった責任の所在は明確にしないといけない。
    微細なミスでペナルティを課していたら新たな事に挑戦する事が無くなってしまうけれど、196億円は増税を標榜する国家では微細とは言えない。

    19 2

  17. 米国と契約を結んだ商取引なのだから、手付など支払いがあるのは想定済というか当たり前。
    ・すでに払ったお金を無駄にしてでも配備計画を停止(撤回)、別の防衛計画を立て直す
    ・追加のお金を払い、工期延長と技術開発で空からの落とし物がないような仕様にし、地元の合意を得る
    ・地元無視で既存仕様で強硬する
    の選択肢のうちの3つ。

    さすがに米に金返せというのは間違い。甘い計画を進めた上での支出だったのではないの?日本政府は、というくらいだろう。
    地元の言い分もわからんわけではない。ただ、防衛計画も大事。

    いっそ防衛の要として原発の立地地域に隣接で…
    どうせ敵から狙われる場所になるし>原発

    21 4

  18. 196億が無駄になるとして契約を続行することで役に立たない施設をつくるより、見切りをつけて効果的な政策を打つことが大切であって評価に値する。
    メディアを含むイージスアショア反対勢力は中止しても反対が予測できるし、実際そうだろう。社内に外国工作員が多数存在するTBSらしい反体制、反日記事である。

    28 5

  19. 確かに無駄な資金と無駄な時間を費やしたかも知れないが、不完全なものを誤魔化して配備するよりよっぽど良いのでは。
    今までは途中で無用の長物になると分かっていても止めなかった。追加費用が出たとしても。
    計画は甘かったが、それこそ防衛大臣就任前から動いていたプロジェクト。かなり画期的な判断だと思います。

    55 2

  20. 問題は代替え交渉かキャンセルによる返金の額!
    設置すら出来ない買い物で莫大な損失を出した担当者が普通に給料とボーナスを貰っているなら責任追及をするべきだと思います。
    設置場所が決まりもしない時点で、根本的に設置も出来ない武器を購入したって?
    やはり自分のお金ではないから支払いや購入に対して
    無責任、無関心としか思えません。
    普通は人のお金で買い物する場合、細心の注意を払うと思うのですが?
    お役所が性能、値段すら確認せずに営業の言いなりで支払うのは地域でも昔から有名な話です。
    大元の国ですら今回の有り様ですから、
    全くお話に成りません!
    公務員でも損失に対しての反省、再発防止の為にも罰則を設けるべきです!
    元々公務員に商売の駆け引きは無理です。
    専門家を民間から派遣し対応するべきだと思います。

    9 1

  21. 日本の人口をざっくり一億人とすれば、国民一人当たり190円、アベノマスクは900円、予算総額は1900円、税率が人によって違うから意味の無い考え方なのかも知れないけど、こういう意識は持つべきだと思う。国民の所得の44.6%が税金として徴収されている日本で、これらの物が積みあがってこの状況を生んでいるのだから、国民はもっと税金の使い方について意識すべきだし、依怙贔屓による中抜きなど許してはいけないと思う。

    11 1

  22. 今回の河野大臣の姿勢が、本来の政治家のあるべき姿だと思う。
    次の選挙で落選して欲しい、逮捕されて欲しい自民党議員は多くいるが、この人はOKって気がしてくる。(だから総理に…とは言わないけど)

    新型コロナ関連ではマスクや当初の一部に30万円、電通がらみ疑惑など、国民の意識とかけ離れた政策ばかりだったが、国民の生命と財産を第一に考え、予算を使う事を目的とするのではなく、現状で一番良い手を打った気がする。

    605 23

  23. 毎週のように、北から、ミサイルが発射され、半島情勢が不安定な中、
    トランプに上手に利用されたと言っても過言ではない。
     本来なら、防衛庁が、常に、他国の最新技術動向及び兵器導入費用相場を把握していなければならない所であるが、例のブースター問題などに気付くために、半年以上かかってしまったことは残念なことである。
     以前なら、日本の新聞社(全国紙)が、熱心に取材し記事にすることで、明るみになるところであるが、
     残念なことに、現在の日本の新聞社には、その技術的内容が難しすぎるのであった。
     しかしながら、問題点が見つかった後の判断の早さは、優れものであった。

    10 1

  24. むしろ、河野さんになる前は問題のある兵器をその金額で契約して配備しようとしていた。

    ひとまずはお金の問題じゃなく安全の問題で評価すべきでは?

    ここで、お金がかかっているからと配備した方がよかったというのでしょうか?

    かかっている費用などはおいておいてもまずは安全を優先した。

    防衛大臣としては国民のための行動をとられたと思うのですが、このような記事が出るとなんだか悲しく感じます。

    15 1

  25. 戦争に負けるとはそういうことだとはっきり言えばいいんだ。
    アメリカに守ってもらわなければ、国が守れないし、憲法のせいで逆に日本は縛られ、アメリカも日本に借りのある原爆2発も心配しなくて済む。
    周囲の国と自力で領土解決させないことで、軋轢を生み、アメリカにおすがりさせ続けられるというものだ。
    アメリカの世界覇権が揺らいでいるとはいえ、それを支えるため人軍事費を負担するしかない。
    世界のどこかで紛争が起き、アメリカが軍を動かし、武器を浪費しなければどこかが代わりに買わなければ、アメリカの軍需産業は潰れる。
    飛行機だって国内で設計して立派なものを作れば本当なら輸出だってできるが、それだとアメリカの産業が潰れる。
    そういうことだって言えばいいんだよ。
    他国の遠い国の人々の命が奪われるか、国内の金がむしり取られるか。

    10 0

  26. 地上からではなく衛星軌道上からレーザー攻撃出来る防衛装備国内開発してつくるべきでは?
    絵空事ではなくもうそう言う時代になってきてると思う
    旧来の地上ミサイル防衛システムなど直ぐに無用の産物と化してしまう
    要は時代遅れになった装備をアメリカに買わされてる気がする
    戦闘機だってもう直ぐに無人機が主流になるってのにね

    148 12

  27. 多額の税金が無駄になりそうだ。調査段階でも海外出張など経費を使ったことと思う。民間企業なら最初に導入を決めた責任者は辞任するか左遷あるいはクビ。いきさつから調査してそれぞれの段階での責任者を割り出して国民に公表する必要がある。大きな問題が生じているのに責任者が会食などに行っている場合ではない。

    14 1

  28. 一度決定したからと、オリンピックのようにどんどん予算が膨れ上がって、歯止めがきかなくなるより全然いいと思うし、他の事業も、当初の計画からずれてるものに関しては、どんどん見直してほしい。

    もちろん莫大な税金を無駄にしたのだから、しっかりとした説明責任と、反省も踏まえて今後の税金の使い方に活かしてほしいと願います

    144 7

  29. 国防は大事だが、当面、必要だったのだろうか?
    だったら、もっと緻密な計画を要したはずだ。

    コロナ被害で、多くの国民が、倒産、困窮など、まだまだ
    国の支援を待っている時に、この金額は、喉から手が出る
    ほど必要だったろう。

    優先順位を考えるなら、人の生活維持を援ける方から始める
    べきなのに、計画倒れの今までの損失が、約200億円とは!

    米国に支払った金額が据え置きにされるだろうが、政府の
    税金の使い方に無能さが目立って、議員各自の月収等に
    全然見合わない!

    199 25

  30. 支払い済みに関しては、河野防衛省の責任ではないです。
    責任は、この判断です。
    支払い済みの金額を分かっての判断でしょうから、前任者の責任を含めて討議すべき。
    効能防衛相は、逆らってでも、自己判断を主張するのは、正しい!

    88 8

  31. 導入を決めた当時の防衛大臣小野寺さんとそのあとの大臣の中で特に問題のあった稲田さんの話を聞きたい…お互い何か言われているようですが、あなた方がちゃんと当時の話をしてください…河野さんの問題ではないでしょう

    21 1

  32. 契約上、こちらに非があるキャンセルであれば既に発生しているコストを支払う事は一般的かと思う。
    アメリカに特別会計もゴールドも領空も軍事権も東京地検特捜部も握られている日本が、よくドタキャンした。

    それよりイージス・アショアでは、北朝鮮が大量に保有しているノドンなどのミサイルか多数発射されると対応できない上、撃墜確率も期待できる程高くない。

    むしろアメリカが自国領土に届くミサイルの撃墜を日本にも対応させるため、そして儲けるために配備させたのではと思わされる。

    73 4

  33. イージスアシュアよりも中長距離ミサイルを持った方が断然抑止力になる。攻撃力があると誰も喧嘩してこないばかりか、外交に有利にも働く。
    イージスアシュアのような代物は、相手方のミサイル技術の向上とともに陳腐化する可能性もあり、費用対効果も悪い。

    323 25

  34. 元々イージス艦の対ミサイル(対空)防空システムを都市防衛に流用する事に限界が有ると思ってました。それは、自らの艦船を守るシステムと異なりICBMの防空システムは、防空範囲が非常に広く、ミサイルの速度が大気圏から非常に高速に侵入して来るので対応時間が少なくて反応に限界が有ると思ってました。

    根本的な防空システムを日本自身で考えるべきです。ナンチャッテ防空システムは、税金の無駄です。

    それ以上に、北朝鮮が潜水艦からミサイルを発射出来る様になると根本的に阻止不可能になります。
    完全なミサイル防空システムは存在しない事を悟るべきでしょう。

    42 6

  35. 河野さんは正直に話されてる
    安倍なら嘘つくとこでしょうけどね
    現在の政治家や官僚は税金を使う上で
    もっと自身の家庭の財布の様にしっかりした
    計画を持ち先々まで考えて欲しいな
    考えてはいると思いますが無駄な話題が尽きないし、外交の重要性も分からんでもないが
    国内においては少子高齢化社会で税金の使い方も考えないといくらあっても足らなくなる
    社会・民間は変革する中、政治家や官僚・公務員の体質って「どうせ湧いて出てくるお金に過ぎない」生産性がないから考えも変わらないのであろう

    172 12

  36. そんなにポンポン払えるなら
    消費税とか税金もっと下がらないのかな?
    必要なお金は分かります
    だからこそきちんと設置する場所に対して説明して本来なら許可が出てからでしょ?
    このまま税金上げていかれると国民は厳しいです
    それと政治資金とかいうけどそれもなんとかならないかな?
    税金使いすぎ

    123 10

  37. 結果からすると最初から無理があったし本当にやる気があったのか疑問。
    陸自にやらせるならTHAADなんですよ。中SAMと車両の編成が同じで部隊運用がそのまま流用できる。地上の固定レーダーなんで空自が一番、海軍のシステムなんで次に海自。司令部ですら移動が前提の陸自の駐屯地に固定レーダー、意味が分からなかった。
    また、イージス艦の負担減であれば現行システムの陸上型で何の問題もなく次世代を新たに開発する意味もわからない。イージス艦8隻揃う中で2基増やす効果がそもそもあったのか。
    やはりアメリカの外圧によるものだったと考えるのが妥当なのだと思う。
    コロナでの税収減という説明のしやすいものができた今がタイミングだったのだろう。

    30 2

  38. 河野大臣が悪いとは言えない気がするが、それまでの大臣が、中々イージスの問題を解決出来なかった点が大きい気がします。
    特に秋田の件は酷かった。防衛省の職員は、秋田での説明会で居眠りするわ、基地の計画は杜撰で秋田県から次々指摘されるわで。防衛省のやる気なさが次々露呈する。
    結局、秋田県の理解を中々得られず、計画が長引く間に、北朝鮮のミサイル技術が進歩して、イージスでは対処出来なくなり、頓挫する。

    政府の「スピード」に欠ける、政治は今に始まったことではない。今回のコロナの初動の遅れだってそう。また税金の無駄使いかと思うと与党の政治は、だらしないとしか言い様がない。
    ドイツのメルケル首相のような政治家が、日本にもいたらなぁ、とつくづく感じてしまう。

    38 6

  39. 日本は軍事能力不足なのでアメリカの言う事を鵜呑みにするしかないのです。軍事音痴です防衛に自主性が感じられません。防衛力は最大の社会福祉政策です日本人は考え方完全に間違えています。直ちに修正する必要が有ると思います。

    51 9

  40. もしこのまま続行し、役にも立たない防衛設備となったら、1番の無駄遣いとなってしまう。

    河野大臣の判断は正しいと思う。
    ここに至るまで、省内で色々あったと思う。
    むしろ196億ですんだのがよかったと考えるべき。

    それにしても、足下を見られての主に米国へ196億は高いですね。

    81 3

  41. 専守防衛は大陸間弾道ミサイルがない時代の考え方
    これからは敵基地攻撃能力を持った方が費用も安く抑止力も高くなる
    令和は当たり前の物を当たり前に持てる国になって欲しい

    344 42

  42. まったく日本の外交はいかに軟弱かが露呈している、安保は大事かもしれないが日本の主張がまったく通らずにいつの間にか「思いやり予算」と言って多額の税金を支払ったり、今回のように議論を尽くさずにアメリカの良いようにされている、いかに政治家が無責任かが良くわかる、今回は、しっかりと主張すべきは主張してもらいたい、日本のために。

    474 16

  43. 非難されるのを分かっててあえて詳細ぶっ込んで来るな、相変わらず。
    今後の協議の手腕をまずは拝見と言ったところだが、計画停止を発表した時点でこういう無駄金が発生しているのは容易に想像出来たからむしろ全体の10%程度で済んで良かったと見るべきか。
    とにかく今後の対応をしっかりやってさえ貰えればひとまず河野大臣個人に対する不満は特に無い。

    197 8

  44. 計画停止は良いことだ。
    イージス・アショアはロシアのキンジャールミサイルには無力。中国もすでに亜種を実用化している。
    第二次世界大戦で作り始めちゃった大和製造を止めることができず、そのまま撃沈させるために出港させたコメディを再現したい人はいないでしょ。

    今までかかったお金の話ではなく、時代遅れの兵器にさらに資金を投入する無意味さを鑑みて評価すべき。

    599 30

  45. 問題点をいろいろと明らかにすることはよいが、本質を見失ってはいけない。大プロジェクトを途中で止めることは勇気の要る決断である。ズルズルと取り返しのつかないところまで進行してしまって、大損害を被ることを阻止したのだから。
    本質を見ずに河野大臣を責め立てるようでは、今後、この種の決断を誰もしなくなってしまう。
    寛容な心で、木を見ず、森を見よう。

    60 5

  46. 防衛については、日本として国産技術でもっと対応できるように、米国とも協議していくべきと思います。今回の支払いは米国は当然ペナルティを要求してくるでしょう。契約上、やむを得ないかもしれないので、単に言われて支払うのではなく、どうせ払わないといけないなら、米国から何かを引き出すように持っていけないものでしょうか。何か防衛技術をもらうとか、国産に切り替えさせてもらうとか。何か引き出せないですかね。

    22 0

  47. 結果的に痛い支出となってしまったが、問題があると分かっても「すでにこれだけお金を使ったのだから今さら後戻りできない」という公共事業の論理で突き進むよりずっといい。
    ダメだと分かれば途中で引き返すことも重要。

    157 2

  48. そもそもが陸上イージスなんてあと10数年したら無意味な防衛兵器になるのは分かり切ってる事だから悪い判断ではないと思う!しいて言うなら北朝鮮に対してくらいしか使い道ないと思ってます!あと早ければ10年、数十年以内には弾道ミサイルではなくより高速でより迎撃の難しい衛星兵器が現在の軍事国家の主力になるでしょう!
    そして各国の防衛兵器は対衛星兵器になるので陸上イージスなんて過去の兵器になります!
    問題は今回の陸上イージス導入にあたってちゃんとリスクを理解出来た上できちんと導入を決めたかどうかです!

    54 2

  49. 検察が安倍政権へ捜査が入る前に、無駄遣いの税金を整理し始めているのかも知れない。特に、トランプが日本に対して友好的な姿勢をとるには理由があると思う。今回も指摘されると困るから先手を打ってきたと想像する。
    安倍政権で、不透明なお金の流れを作ってきて損害を与えた役人も処罰されるべきです。
    もっと、国民がこれからの安倍政権の動きを注視していくべきだと思う。

    15 2

  50. 日本は、そもそもあっても使わない。不法侵入してきた戦闘機すら攻撃しない、やられ損ばかりで、尚且つ、アメリカにいいようにあしらわれている。もっと自国防衛を真剣にやらないと高い金ばかり使っていて税金の無駄だよ!そんなイージスアショアなんて要らないのに、使わないのに、高い金を出している政府には、ほんと腹が立ってしょうがない。税金をもっと有効に使用してもらいたい。

    217 12

  51. グダグダになるより勇気ある決断で頼もしい。合理的に考える河野さんならではだ。安倍さん、マスク2枚も合理的に考えて動き始めてもやめるべきだった。

    739 35