LiSA『炎』<期間生産限定盤>CDジャケット 意外な“新人アニソン歌手”が現在、ブレイク中だ。
「大みそかに放送される『紅白歌合戦』の出場歌手が、11月16日に発表されました。注目を集めたのが、ソロとしては28年ぶりの出場となる鈴木雅之さん。鈴木さんは昨年放送されたアニメ『かぐや様は告らせたい』で、主題歌『ラブ・ドラマティック feat. 伊原六花』を担当。すぐさま“アニソン界の大型新人”として話題になり、アニソンのフェスにも出演しました。
【写真】炭治郎は山崎賢人?『鬼滅の刃』実写版のキャスト候補者一覧表!
 今年リリースした『DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理』は引き続き、『かぐや様は告らせたい』第2期でも主題歌となり、ミュージックビデオはYouTubeで2000万回再生を突破。アニメからの人気の再燃に、鈴木さん自身、“40年歌ってきて今がいちばん幸せかもしれない”と雑誌のインタビューで語っています」(スポーツ紙記者)紅白はアニソンのラインナップが豊富 近年は、メインの活動がアニソンではないアーティストがアニメの主題歌を担当することが多くなっており、今回の鈴木雅之のようにアニソンで紅白に出場するアーティストも増えてきている。
 昨年の紅白歌合戦で歌われたアニソンはというと、
・『紅蓮華』(LiSA)…テレビアニメ『鬼滅の刃』オープニングテーマ
・『愛にできることはまだあるかい』(RADWIMPS)…アニメ映画『天気の子』主題歌
・『Blizzard』(三浦大知)…アニメ映画『ドラゴンボール超 ブロリー』主題歌
・『限界突破×サバイバー』(氷川きよし)…テレビアニメ『ドラゴンボール超』2期オープニングテーマ
・『零 -ZERO-』(福山雅治)…アニメ映画『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌
 また、'18年の紅白歌合戦では、
・『Red Swan』(YOSHIKI feat. HYDE)…テレビアニメ『進撃の巨人』Season 3オープニングテーマ
・『打上花火』(DAOKO)…アニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』主題歌
 
 という2曲に加え、アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のキャストによるユニットAqoursが出演。人気ゲームが原作のミュージカル『刀剣乱舞』に出演する刀剣男士と共に企画枠『世界で人気のジャパンカルチャー特集』で登場し、デビューシングル『君のこころは輝いてるかい?』を披露した。次ページは:近年の“アニメ推し”はなぜか前へ123次へ1/3ページ

みんなの感想

  1. その昔、アニソンと言えば水木一郎・ささきいさお・子門真人などが歌う「アニメの為だけに作られた楽曲」が主流でした。
    「うちゅ~うせんかんヤ~マ~ト~!」
    とか
    「ゆけ!ゆけゆけガッチャマ~ン!」
    とか
    歌詞の中に必ず「アニメタイトル」が入ってるタイプ。

    割と昔、主演声優さんが歌う楽曲が使われ始めました。
    声優さんが前面に出始めた頃ですね。

    少し昔、アニメとは全く関連のない「人気バンド」の楽曲が採用される事が増えました。
    「まぁ雰囲気は、かけ離れてない?のか?」ってものから「選んだヤツ絶対アニメの内容知らないだろ!」ってものまで。
    ・・・どれとは言いませんが。

    そして今に至る・・・という感じでしょうか。
    ちゃんとアニメの内容を把握したうえで書き下ろされた「アニメの内容にマッチした楽曲」というコンセプトが見直されている。

    アニメファンには嬉しい変化です♪

    3 0

  2. 年間売り上げが大してない演歌歌手が出てたりするのが未だに一番の謎。

    1 1

  3. 炎はまずレコード大賞をとって紅白だとさらに感動するかもしれません
    炎も好きだけど
    炭治郎の歌も好き
    禰豆子「血鬼術 爆血」
    炭治郎「俺と禰豆子の絆は誰にも引き裂けない!!」を思い出します

    2 0

  4. 昭和のアニソンはアニメ色、特に作品事の特徴が強かった。 必殺技を叫んだり、主人公の名前を連呼したりが当然だった。
    今のアニソンはそういうケースは減った。一般的なJPOPと比べればアニメ要素はあるが、必殺技を叫ぶような歌詞はかなりなくなった。

    あとはアニソンはアニソン歌手が歌うものだったが、メジャーなバンドや歌手がタイアップで歌うケースも増えましたね。

    0 0

  5. xxx48の歌より、アニソンの方が好き。

    5 1

  6. ここで名前が出ている三浦大知は2-3年前にダンサーと組んで色々話題になってたけど、この前TVに出てたのを見たら全く同じ事をやってた。
    若干もういい感を感じてしまったし、周りの変化のスピードもここ最近速く色々なアーティストやグループが出てきているので変化が必要だ。

    6 7

  7. 大晦日に3CHで、アニメ紅白とかを裏でやっても面白いかもね。

    1 0

  8. 梶浦由紀さんや菅野ようこさん、川井憲次さんなどの名前が出てないアニソン記事じゃ内容が薄いのは仕方ないね。アニソンの方が制約が少ないから、liliumみたいに海外で賛美歌として定着している曲が出てきたりするので面白い。歌手のレベルもアニソンの方が高いしね。

    1 1

  9. 自分はアニメも見るけど多くはない。原作はマンガだと知っていたが、読んだ事はないけど、坂口憲二主演のドラマ「医龍」を見て、いい楽曲だなぁと購入した事がある。10年以上経って、サブスクでとあるアニメを見てサントラを購入した。気になって作曲者を調べたら医龍の音楽プロデューサーの澤野弘之さんでした。医龍の時は知らなかったけど、いろんな分野に楽曲を提供されていて、驚きました。10年経ってまた巡ってきたのかと(笑)。いい曲であれば、アニソンでも一般の曲でも関係ないと思いますね。

    1 1

  10. 記事に「近年は、メインの活動がアニソンではないアーティストがアニメの主題歌を担当することが多くなっており」と書いてあるが、それは1980年代中頃から。

    たとえば、おニャン子クラブのメンバーがアニソンを山ほど歌っていたし、TMネットワークの代表曲のGet Wildはシティーハンターの主題歌。

    0 0

  11. 全世界を見渡しても、年間200本近い大人向けアニメをテレビで放送している国は日本だけ、海外は子ども向けが中心。
    現在、大人向けアニメは、日本から欧米や中国など全世界に向けて供給されています

    2020年3月のインタビューで「この世界の片隅に」の片渕須直監督は以下のように言ってますが。

    海外のアニメの主流は、例えば『フナン(FUNAN)』(2018年仏アヌシー国際アニメーション映画祭長編グランプリ受賞)というフランス映画はポル・ポト時代のことを。アイルランドのノラ・トゥーミー監督『生きのびるために(THE BREADWINNER)』(同長編審査員賞受賞)は、タリバン支配下のアフガニスタンを描いている。中略
    そういう世界になっている。世界のアニメは子供・思春期に向けてじゃなく、直接大人に向けて語り始めている。
    日本のアニメはそういうものと戦った時に勝てないんです。単純に。ニッチなんです。

    0 0

  12. アニソンが売れるようになったというより、ポピュラー音楽全般の売上が下がって
    マニア向けジャンルの底堅さが相対的に目立つようになったという印象。
    だから固定客のいるクラシックやジャズも(輸入盤を扱う店では殊に)意外と強い。

    0 0

  13. ジャニーズでアニソンはまだちょっと違和感

    2 0

  14. 全国にロリコンを大量に作った伝説のアニメ「カードキャプターさくら」はNHK発だよ。
    日本国民をアニメ好きにしたのはNHKだし、大人向けも「ふしぎの海のナディア」からでしょ。

    だいたいサブちゃんもおじゃる丸を歌ってたし。

    0 0

  15. うたプリ関係が未だにメジャーな音楽シーンからスルーされてる感がある事を考えると、まだまだ寛容になったとは言えないかな。
    かく言う自分も、先日まですとぶりをアニメキャラだと思ってた(笑)

    1 1

  16. 昔はアニソン歌手専門のジャンルだったのが、J-POPアーティストのアニソン参入がなんといってもデカいでしょ。

    2 0

  17. はっきり言って、アニメを子供が見るものという目でしか
    見れない原始人がどんどん減ってるからですよ

    これは不可逆的な時代の流れだからもう止まりません

    6 3

  18. アニソン市場が巨大化したんじゃなくて音楽業界が縮小したんだよ

    0 0

  19. >昨年の紅白歌合戦で歌われたアニソンはというと、…

    星野源の「ドラえもん」が抜けてるぞ。

    3 1

  20. アニソンは曲も良いし歌い手も上手いけど、J-POPは酷いもんだからな。
    映像が無かったらJ-POPは壊滅だけど、アニソンは基本”音”で勝負してる。
    同じ土俵で考えてほしくないな。

    5 3

  21. 去年の紅蓮華の扱いは酷かったもんね。ただ、出てきたって感じ。今年は扱い少しは良くなるかな。

    0 0

  22. アニソンでヒットすることを嫌がっている人が居たけど今もいるのかな。今なら地上波の音楽番組にも呼ばれるからね。ミュージックステーションに露骨にスルーされる時代とかなり変わった。

    2 2

  23. アニメの歌は、普通に聞いてもいい歌が多くあるので自然なことだと思います。

    4 1

  24. アーティストがアニソンを歌う一番のメリットは、日本のアニメが海外でも放送され、主題歌もそのまま流されることではないでしょうか。日本のアニメが海外でも高い評価を得ていることは御承知のとおりです。
    ドラマは日本国内で完結してしまい海外向けにはあまり出荷されない(せいぜいアジア圏止まり)ので、主題歌を歌っても日本人にしかアピールできないのに対し、アニメ主題歌を歌えば欧米含めた海外の人にも名前を知ってもらえる。つまり市場規模がドラマ主題歌を歌う場合とで比較にならないのです。
    ドラマ主題歌を歌うよりアニメ主題歌を歌う方が儲かる、その傾向は今後さらに強くなっていくと思います。

    3 0

  25. 鬼滅ソング聴き飽きたな。

    2 0

  26. いまだに鬼滅のコメントで実写系の解説者の的外れ記事が多いな。

    2 0

  27. ごり押しタイアップだけは勘弁な
    まあそんなもんすぐわかるだろうけど

    0 0

  28. アニメソングだろうと
    演歌だろうと
    ロックだろうと
    音楽は音楽だ。

    5 0

  29. 商業目的がチラチラ見えて、うぜえ。

    1 0

  30. アニメ、アニソンもサブカルチャーとして一般的に認知されてきて、更にそこに音ゲーブーム、スマホリズムゲーム人気でより身近な物になったような気がする。
    メディアミックス戦略もアニソンが1つのジャンルとして確立する足場造りになった。

    4 1

  31. バンナム副社長元LAZYの井上俊次氏の功績が大きいですね。

    0 0

  32. 純粋なJPOPは良くも悪くも売れ線を狙うことが第一に求められるのに対して、アニソンは作品の世界観に合わせるという職人気質によって意欲的な楽曲が生まれる、そしてそれさえ満たしてれば作品のファンは聴いてくれる訳だから、才能のあるアーティスト・作曲家ほど逆に自由に作れる→多様な楽曲が生まれる、といった良い土壌が出来上がってる気がします。

    0 0

  33. アニメは絶対裏切らないからね。

    1 2

  34. 一言で言うと企画力だと思う。

    かつてはアニメソングっていうとレコード店の棚の最後のコーナーが定位置でした。子供向けのものならまだしも、アニメファン向けの声優さんが歌うレコードやCDは「その他・特殊企画」という番外地中の番外地だった。

    だからこそ、「企画もの」として何をやろう、どんな面白いことをやって買う人を楽しませようというアイデアを常に練ってきた。メディアとのタイアップに代表される「ヒットの法則」に乗っかって売れてきた、一般のポップソングとは育ち方が違うんだと思います。結果、気がつくと発売されるCDの大半がアニメ関連という格好になっていたという。

    2 3

  35. アニソンを特別なジャンルで捉えるので無く、映画やドラマの主題歌や挿入曲と同様に考えるべきだと思う。
    昔から映画音楽はヒットしたし、テレビドラマの挿入歌も多数ヒットした。共通するのは音楽が映像やシーンと重なり合う時、相乗効果でどちらもが輝き印象が深まるからではないか?
    アニメ躍進の時代にアニソンがヒットするのは当たり前だし、市場が拡大するのも紅白ワクが増えるのも当然の流れだと思う。

    1 1

  36. 今から40年ほど前、NHKで未来少年コナンを見てたときに、エンディングを一緒に聴いていた祖母が、アニメにもいい歌があるのね、とボソッと呟いたことがあり、今でも覚えている。

    その後の私は赤と黄色を勘違いしていたり、オープニングが全部英語の歌詞を歌おうと努力したり、最近嬉しかったことといえばキャプテンフューチャーのエンディングのCDを手にしたことだったり、映画館でヴァイオレット・エヴァーガーデンを見て人目を憚らず号泣する、今時普通なオッサンになった。

    1 0

  37. 理由はよくわからないんですが…単にいい曲だとヒットするのでは…♪炎はアニメを離れてもとてもいい曲だと思います、歌詞も胸に響きますし。テレ朝でやっていたアニソン選手権で一位になった♪宇宙戦艦ヤマトも大好きです。

    0 0

  38. また「鬼滅声優天狗」記事の週刊女性か…

    相変わらず鬼滅ネタで釣ってから、人を小馬鹿にする酷い記事作りだなぁ。

    アニソンだって昭和の時代から普通の歌手が歌ってる。
    例えばヤマトで沢田研二、布施明等々。
    それを未だに別物として考えてる思考が古すぎる、物事の考え方が昭和なんじゃない?

    酷い記事ばかり書く「週刊女性」って、この鬼滅ネタの悪用で良くわかった。

    0 0

  39. 簡単に言えばアニヲタが増えたって事だろう。あと実力派シンガーをアニメ主題歌に抜擢しだしたこともあるね。

    0 9

  40. 「アニソン」と「タイアップ」はまた別物だと思うけどなぁ。

    アニメ市場の拡大と音楽業界の衰退が重なって、落ち目の歌手がアニメとタイアップして起用された主題歌が再度売れる~なんてのが増えてきて、昨今はアニメのOP・EDで当たれば売れる~なんて逆転現象が増えてきただけ。

    音楽業界の衰退の原因は、ここ10~20年良い曲が生まれてないだけな気がするけど。

    1 0

  41. 22/7これは アニソンの部類か?

    1 0