ヤフーニュースまとめ~

Yahoo!ニュースの人気記事を紹介。

カテゴリ: スポーツ

 6月7日の東京11Rで行われた第70回安田記念(3歳以上オープン、GI、芝1600メートル、定量、14頭立て、1着賞金=1億3000万円)は、池添謙一騎手騎乗の3番人気グランアレグリア(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が勝利。史上最多の芝GI8勝目を狙った現役最強馬アーモンドアイや、昨年の覇者インディチャンプらを撃破。東京競馬場で開催される5週連続GIのラストを飾る春のマイル王決定戦を制した。タイムは1分31秒6(稍重)。

 2着はアーモンドアイ(1番人気)、3着にはインディチャンプ(2番人気)が入った。

 前走の高松宮記念で初めての1200メートル戦に挑んだグランアレグリア。速いペースに戸惑いながらも、メンバー中で上がり3ハロン最速タイの33秒1というすさまじい末脚を披露し、繰り上がりで2着。その後、発熱のためヴィクトリアマイルを見送ることになったが、ここを目標に万全の態勢で臨み、見事戴冠を果たし新マイル女王に輝いた。

 グレード制が導入された1984年以降の安田記念で牝馬Vは、ダイイチルビー(1991年)、ノースフライト(1994年)、ウオッカ(2008・09年)に次ぐ4頭目。

 安田記念を勝ったグランアレグリアは、父ディープインパクト、母タピッツフライ、母の父Tapitという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)サンデーレーシング。通算成績は8戦5勝。重賞は18年サウジアラビアRC(GIII)、昨年の桜花賞(GI)、阪神C(GII)に次いで4勝目。安田記念は、藤沢和雄調教師は97年タイキブリザード、98年タイキシャトルに次いで3勝目、池添謙一騎手は初勝利。
続きを読む

 ブラジル1部リーグ・ボタフォゴに所属するMF本田圭佑が6月7日に自身のツイッターを更新。中国を批判する各国の共同声明に、日本が参加を参加拒否していると報じた記事を取り上げ、疑問を呈した。
 
 本田はこれまでも自身のSNSで、新型コロナウイルスによるブラジルの感染者急増や、各国の政治情勢など、様々な問題に切り込み、投稿を見たファンの間で議論が巻き起こることもある。
 
 新たなツイートでは、中国の香港への国家安全法制の導入を巡る問題に言及。中国が香港に対して、国家分裂や中央政府転覆、外国の干渉を禁ずる国家安全法を導入するにあたり、それを厳しく批判する米国や英国などの共同声明に、日本が参加を拒否していたと報じた記事を引用リツイートし、日本政府に対し疑問の声を上げている。
 
「中国批判声明に日本は参加拒否って何してるん!香港の民主化を犠牲にしてまで拒否する理由を聞くまで納得できひん」
 
 この投稿には300を超えるコメントが寄せられ、ファンの間でも議論が白熱。共感する声が多いようだ。
 
「おっしゃる通りです」
「情けない日本にがっかりです」
「本田圭佑よく言った」
「本田さんの声、発信力、本当に魅力を感じます」
「素晴らしい発言ありがとうございます」
「政治家は国民の代表ではないのか?」
 
 本田はさらに続けて、「どんだけ他人事なん」と発信。「この記事が本当なら日本は本気でヤバい」と危機感を示している。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

続きを読む

今日7日、東京競馬場で行われる「第70回安田記念」(1600m芝、G1)はG1馬が史上最多10頭がスタンバイする超豪華版だが、注目は、史上最多のG18勝目にチャレンジする最強牝馬アーモンドアイ(牝5、国枝栄厩舎)だ。死角があるとすれば、デビュー以来最も短い「中2週」のローテーションだけ。G17勝で1986年に引退した「皇帝」シンボリルドルフ、「英雄」ディープインパクト、「女傑」ウオッカらの過去の名馬5頭が超えられなかった8冠の壁をアーモンドアイは超えることができるのか。
続きを読む

 春のマイル王決定戦・第70回 安田記念(GI)<GI 芝1600メートル 3歳以上(国際)(指定)オープン 定量 本賞金1億3000万円>が東京競馬場で7日に行われ、3番人気の池添謙一騎乗グランアレグリア(牝4/鹿毛 藤沢 和雄(美浦)父ディープインパクト)が優勝。勝ちタイムは1分31秒6。



 史上初の芝GI8冠を目指したアーモンドアイ(牝5/鹿毛 国枝栄(美浦)父ロードカナロア)は2着。3着に前回覇者のインディチャンプ(牡5/鹿毛 音無 秀孝(栗東)ステイゴールド)が入った。


2020年6月7日(日)3回東京2日
第70回安田記念(GI)発走時刻:15時40分

着順 馬名(性齢 騎手)単勝人気
1着 グランアレグリア(牝4 池添謙一)3
2着 アーモンドアイ(牝5 C.ルメール)1
3着 インディチャンプ(牡5 福永祐一)2
4着 ノームコア(牝5 横山典弘)7
5着 ケイアイノーテック(牡5 津村明秀)11
6着 アドマイヤマーズ(牡4 川田将雅)6
7着 ダノンキングリー(牡4 戸崎圭太)5
8着 ダノンスマッシュ(牡5 三浦皇成)8
9着 ペルシアンナイト(牡6 田辺裕信)10
10着 ヴァンドギャルド(牡4 岩田望来)9
11着 ミスターメロディ(牡5 北村友一)12
12着 セイウンコウセイ(牡7 内田博幸)14
13着 ダノンプレミアム(牡5 D.レーン)4
14着 クルーガー(牡8 石橋脩)13

※結果・出馬表等は、主催者発表のものと照合してください
続きを読む

 「第6回チャリロト杯」(7日、浜松)

 73歳290日の鈴木章夫=浜松・2期=が、開催3日目の3Rを快勝し、公営競技史上最年長勝利記録を塗り替えた。従来の記録はオートレースの谷口武彦(浜松、引退)が、2015年9月4日の浜松4Rで達成した73歳280日。鈴木が4年9カ月ぶりに更新した。



 レースでは、20線2車の外、5枠から鈴木はスタートした。4番手から73歳とは思えないスピードで追い上げ、3周4角で青嶋裕治(浜松)を、5周3角で上村敏明(浜松)を、6周3角で逃げた交川陽子(浜松)を差して豪快に抜け出した。上がりタイムは3秒487(100メートル平均)だった。

 「記録ですか?知らなかったです。1着だったのがうれしいだけです。日本記録といっても…。あまり騒がないでください。今後の目標ですか?一戦一戦頑張って無事に走れればいいです」といつも通り控えめだった。

 鈴木は他に公営競技最年長優出記録(73歳10日)、G1の最年長勝利記録(73歳118日)、G2の最年長勝利記録(72歳223日)も保持している最年長記録コレクターだ。1964年9月にデビュー以来、55年9カ月で通算1353勝。今年3勝目だった。通算獲得賞金額は11億7476万円(6日現在)。
続きを読む

 東京五輪の大会エンブレムと新型コロナウイルスのイメージを掛け合わせたデザインが日本外国特派員協会(FCCJ)の会報誌に掲載された問題は、FCCJ側が5月21日、大会組織委員会の取り下げ要請に応じ、公式サイトからデザインを削除して決着した。ただ、FCCJが同日、オンラインで開いた会見では、「表現、報道の自由」が損なわれたと取り下げに反発する会員が続出。矛先は、パロディーや風刺表現に寛容でないとされる日本の法律や文化にも及んだ。

 FCCJのカルドン・アズハリ会長は会見で、「理事会で弁護士や専門家に相談した結果、日本でのわれわれの立場は有利ではないという明確な助言を受けた」とし、取り下げは著作権法上の理由と説明。「今回の問題で不快な思いをされた各方面の方々に心よりおわびする」と謝罪した。

 これに会員の外国人記者らがかみついた。組織委は著作権侵害のほか「大会エンブレムを新型コロナウイルスと結び付け、ネガティブなイメージを付加することは、五輪ムーブメントの目的に反する」と問題視したが、ある会員は「パロディーはネガティブな印象を与えるものでなく、芸術だ」と反発。別の会員は問題のデザインをプリントしたTシャツを着用し「これが問題とされること自体、欧米では考えられない」と声を上げた。

 アズハリ会長は会見中、「これは報道の自由、表現の自由ではなく、著作権の問題だ。日本で活動する協会として、日本の法律を尊重する」と繰り返し理解を求めたものの、会見はさながら取り下げの是非をめぐる意見交換会の様相に。日本人司会者が「日本ではパロディーや風刺について、著作権法に何の規定もない。常に名誉棄損、著作権侵害となるリスクを抱えていて、(裁判で)どう解釈されるかわからないのが、パロディーや風刺が日本ではほとんどできない理由」と、日本の事情を説明する一幕もあった。

 また、問題の会報誌は4月号の上、一般配布もされないことから「組織委が抗議しなければ、ほとんどの人の目にもふれずに過ぎたと思う。抗議したことで大きく報道され、組織委側はある意味、自分たちでダメージを与えたのではないか」との指摘もあった。

 アズハリ会長自身、組織委の申し入れが法的な問題にふれず、会報誌の内容に関するものであれば「取り下げることはしなかったと思う」と述べている。その上で「日本国内のパロディー、風刺に関する規制が非常に厳しく、フラストレーションを感じている記者もいると思う。パロディーや風刺についての議論が日本でもっとオープンになっていくことを期待している」と語った。

 会見後、外国人ジャーナリストら11人は共同で今回の問題に関する声明を発表した。英ニュースサイト「インサイド・ザ・ゲームズ」などによると、声明では「パロディーは権力に真実を語る有効な方法のひとつ」とした上で、「報道の自由を守る責任を果たさなかったという事実に失望している」とFCCJの対応を批判。組織委に対しても「(招致をめぐる)贈収賄疑惑、膨張する経費、アスリートを危険にさらす状況など、東京五輪をめぐる多くのスキャンダルへの批判をそらすための浅はかな試みのようだ」としている。

 ちなみに、「コロナエンブレム」に対するインターネットの反応は、「特に気にならない。過剰反応だ」といった意見がある一方、「欧米の文化や価値観を押し付けないでほしい」「表現の自由は尊重すべきだが、これは風刺ではなく侮辱だ」など、おおむね否定的だ。 (運動部 森本利優)
続きを読む

↑このページのトップヘ