ヤフーニュースまとめ~

Yahoo!ニュースの人気記事を紹介。

カテゴリ: 地域

 7日午前10時10分ごろ、神奈川県伊勢原市岡崎の小田原厚木道路下り線で、県警の白バイに追跡されていた千葉県出身の男性(51)の大型バイクが走行中の乗用車に追突した。男性は病院に運ばれたが、間もなく死亡した。

 県警第2交通機動隊が事故原因を調べている。現場は片側2車線の直線道路。乗用車を運転していた同市の男性会社員(51)にけがはなかった。

 同隊によると、同道路で大型バイクが制限速度を超えて走行した疑いがあるとして、交通取り締まり中だった30代の男性巡査部長が白バイで追跡。停止を求めようとしたところ、大型バイクが急加速で走行したため、赤色灯を点灯しサイレンを鳴らして追い掛けたという。

 同隊の横山則久副隊長は「適正な職務執行と考えている。事実関係を詳細に確認した上で、適切に対応したい」とコメントした。
続きを読む

 7月5日に投開票が行われる東京都知事選挙に出馬を表明した熊本県の小野泰輔副知事(46)が、6月7日午後に大阪市内で日本維新の会の松井代表らと会談しました。維新は8日にも、党として推薦を決めるとしています。

 会談は7日午後1時から大阪市内のホテルで行われ、日本維新の会からは松井代表と馬場幹事長が出席しました。熊本県の小野副知事は都知事選に無所属での出馬を表明していて、7日の会談では東京維新の会の柳ヶ瀬代表とともに「推薦」を求めたということです。

 「ひとりでこの都知事選に挑戦する思いを申し上げて、松井代表にくみとっていただいた。」(熊本県 小野泰輔副知事)

 松井代表からは前向きに受け止めるとの発言があったということで、維新は8日にも持ち回りの常任役員会で小野副知事の推薦を決めるとしています。
続きを読む

アメリカで黒人男性が白人警察官に暴行され、死亡した事件への抗議デモが世界中で広がる中、大阪市でも大規模なデモが行われました。

参加者は「BLACK LIVES MATTER!(黒人の命は大事)」と声を上げ、行進しました。このデモは大阪に住む外国人らが主催し、アメリカ総領事館前などで「差別を許さない」と書かれたプラカードを掲げ、人種差別の根絶を訴えました。テニスの大坂なおみ選手が参加を呼びかけるなどして話題となり、参加者は1000人にのぼりました。参加したアメリカ人の女性教師(32)は「私のような黒人が毎日殺害されていることに我慢なりません」と憤り、アメリカ人男性(35)は「僕たちはみんなと一緒の人間。心から何かをしたいなと思った」と語りました。デモの最後には、黒人男性が警官に首を押さえつけられた時間と同じ8分46秒間の黙とうが捧げられました。
続きを読む

 新型コロナウイルスの感染拡大で道内のホテル業界の苦境が続いている。さっぽろ雪まつりなど稼ぎ時の2月に中国からの観光客が大幅に減少、道独自の緊急事態宣言もあって影響は約4カ月に及ぶ。東京五輪・パラリンピック開催に向けた観光需要増を背景に、ホテル開発の動きも活発化していただけに傷は深い。営業を再開するホテルも出始めているが、どこまで客足が戻るかは不透明で、「開けても地獄、閉めても地獄」と現場からは悲痛な声が上がっている。

続きを読む

岡山県勝央町の老人ホームで、職員22人が入所者に虐待を行っていたことがわかりました。

虐待が行われていたのは、勝央町にある特別養護老人ホーム「南光荘」です。
施設によりますと、今年3月町から「虐待が行われている」と連絡があり、職員に聞き取り調査をしたところ、入所者の腹部をひもで縛ったり、部屋に閉じ込めるなどしていたということです。

ひもで縛る行為については、22人の職員が11人の入所者に少なくとも1年間にわたって繰り返していたことがわかりました。
入所者への対応を指示していた介護主任など職員4人が今年4月解雇されています。

今回の行為について小椋由紀恵施設長は、
「2度とこのようなことがないように介護サービス向上に努める」としています。

一方、解雇された4人は不当解雇として裁判所に労働審判を申し立てているということです。
続きを読む

つくば市は5日、市長の退職金について、これまでの約2千万円から22円にする方針を明らかにした。五十嵐立青市長は退職金廃止を公約に掲げていたが、制度上0円にすることが不可能なため、最少額とした。同日の定例記者会見で発表した。市によると、退職金を事実上ゼロにしたのは茨城県内で同市が初めて。

市によると、市長の退職金は、任期満了日の給料月額に県市町村総合事務組合が定める支給率を掛けて算出される。地方自治法により給料月額は0円にできないため、最少の1円とした。そこに1期4年分の支給率22を掛けて22円と定めた。退職金は市が負担金を支払う同組合から支給される。

任期満了日の11月16日までに退職金に関する条例を整備する。五十嵐市長は「きちんと公約を実現し、市民に寄り添う姿勢を推進していく」と話した。
続きを読む

↑このページのトップヘ