ヤフーニュースまとめ~

Yahoo!ニュースの人気記事を紹介。

カテゴリ: ライフ

 分散登校などで学校は再開したが、通学の機会は減るため、児童生徒を持つ親は、なかなか仕事に復帰できない状態が続いている。

 東京都内在住の女性(35)は小学校4年生の長女(9)の分散登校が今月3日から始まった。しかし、週2回午前と午後のどちらかだけのため、緊急事態宣言が解除されて、勤務先の飲食店が再開しても仕事に復帰することができない。

 「分散登校は、午前と午後のどちらかを選べず学校次第なので、仕事のシフトを入れることができない。子供を1人にすることもできない」と打ち明ける。

 小学4年生以上は学童を利用できず、学校が終わる時間に合わせて帰宅しなければならない。以前は集団登校も行われていたが、学校側が密を避けるためになくなったという。新型コロナ対策で、感染につながる可能性があるとして、親は学校内に入ることができない状況だ。

 「子供を狙った犯罪も多く、登下校時に不安を感じる。自宅で1人で留守番することも安全とはいえず、させていない。いつになったら仕事復帰できるのか、まったく見通しがつかない」と話す。

 臨時休校に伴う子供の世話などで取得した休暇については休業補償の対象になるが、仕事のことを考えると焦りは募る。

 「臨時休校が決まった3月からずっと子供も親も振り回されている。子供の安全を第一にしたいが、生活もあるということを考えてほしい」と訴えた。
続きを読む

運転中に、前を走る車のナンバープレートの数字が気になることってありませんか。最近は、数字を自由に選べる「希望ナンバー制」がすっかり定着。語呂合わせやこだわりの番号を付けるドライバーも少なくありません。誕生日、職業、あこがれの人の名前などバラエティー豊かで、なるほどと思わず膝を打つ“技ありナンバー”も。読売新聞の掲示板「発言小町」では、車のナンバーの意味を尋ねるトピが盛り上がっています。

「そのナンバーにした理由を教えてください。」のタイトルで発言小町に投稿してきたのは、トピ主「ワイスピ」さん。車の運転中にほかの車のナンバーが目に入り、数字の意味が気になったと言います。特に、いろいろなところで見かけるのが「1123」という番号。「ただの興味本位です。有料でナンバー登録した方、なぜその数字にしたのですか? 勤労感謝の日だからですかね?」と尋ねました。

このトピに60通以上の反響がありました。「1123」は「『いい日産』で日産車の好きな方が付けられていると思っていました!」と書き込んだのは、「7of9」さん。「『いい兄さん』という可能性もありますよ」という意見も。この指摘をした「さくら」さんによると、かつて放送されたドラマで、主役の常盤貴子さんが運転する車が「1151」(いい恋)の語呂合わせだったそう。視聴者はそこまでチェックしていたんですね。

「結婚20年。結婚してから5台目の車ですが、ナンバーは常に結婚記念日にしています」と書いたのは、「夫婦舟」さん。新婚時代の甘い感じを想像しますが、買い替えで車が変わっても数字を引き継いできたのは、うっかり忘れてしまうのを防止するのが目的だったそうです。

子供の名前の語呂合わせにしているという「ピーコック」さんからは、「『1188』というナンバーを見ると、ちょっとイラッとしてしまいます」という本音も寄せられました。1999年に全国で「希望ナンバー制」が導入されて以来、「いい母」「いいパパ」と読めるこのナンバーは、人気ナンバーの一つです。「『ホントにいい母(パパ)なの?』『そんなことアピールしたいの?』と思ってしまいます。(そんな)自分という人間の小ささにもうんざりします(笑)」とも書きました。
続きを読む

 東京都で4日、新たに28人の新型コロナウイルスの感染が報告されたことが、都関係者への取材で分かった。都は2日夜、感染再拡大の兆候があるとして「東京アラート」を発動している。
続きを読む

 厚生労働省は、新型コロナウイルスの感染を予防するワクチンについて、2021年前半から順次、国民に接種を開始できるよう、生産体制の整備などを後押しする目標を明らかにした。21年に延期された東京五輪・パラリンピックの開催前から、接種が可能になる体制づくりを目指す。

 政府は20年度第2次補正予算案で、メーカーの製造拠点に対し、原料を作るための装置や製造ラインの設置を支援する費用などを盛り込んだ。

 海外では、10種類のワクチンの臨床試験が始まっており、国内企業でも今夏以降に臨床試験を始める計画が進んでいる。
続きを読む

 新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査について、東京大学先端科学技術研究センター(先端研)などのチームは31日、簡易検査キットで陽性だった人の約9割が、大型機器による精密検査では陰性だったとする結果を発表した。キットは、全国の診療所で導入が増えているが、正確な感染状況の把握には課題があると指摘している。

 調査は5月、同チームと福島県の「ひらた中央病院」が協力して実施。同病院に勤める医療・介護従事者680人を、ある簡易キット(イムノクロマト法)で検査したところ、58人が陽性だった。このうち約9割の52人が精密検査では陰性と判定された。キットで陰性だった人は、精密検査でも陰性だった。

 先端研の児玉龍彦名誉教授は「感染した可能性のある人を迅速に把握するには役立つが、診断には精密検査の他、PCR検査や症状を含めた総合的な判断が必要だ」と指摘する。キットは疫学調査で使うには精密さに問題があるとしている。
続きを読む

 新型コロナウイルス感染拡大の収束を願って、全国約160の花火業者が6月初旬、各地で一斉に花火を打ち上げることが分かった。見物客の密集、密接を避けるため、場所は秘密だ。

 日本の花火大会は、江戸中期の享保の大飢饉(ききん)やコレラに悩まされた8代将軍・徳川吉宗が隅田川で花火を打ち上げた「両国川開き」が隅田川花火大会になったのが起源とされている。

 このため、花火業者の若手有志11人が「全国一斉悪疫退散祈願 Cheer up! 花火プロジェクト」を呼びかけた。

 発起人の一人で、市川三郷町の花火業者、マルゴーの斉木啓介専務(37)は「花火でコロナ疲れを吹き飛ばして、希望を持ってほしい。日時や場所は言えないが、気付いたら自宅から空を見てほしい」と話す。

 同社は3号玉10発、4号玉10発を打ち上げ、1発目は医療従事者を励ますため青を基調としたものにするという。
続きを読む

↑このページのトップヘ