ヤフーニュースまとめ~

Yahoo!ニュースの人気記事を紹介。

カテゴリ: IT

ソニーは、2021年4月1日付けで商号を「ソニーグループ株式会社(Sony Group Corporation)」に変更する。



現在のソニー株式会社は、グループ本社機能とエレクトロニクス事業の本社間接機能を有している。これらの機能を分離・再定義し、「ソニーグループ株式会社」を、グループ本社機能に特化した会社とし、エレクトロニクス事業の商号を「ソニー株式会社」とする。

新たなソニーグループ株式会社なミッションの、(1)事業ポートフォリオ管理とそれに基づくキャピタルアロケーション、(2)グループシナジーと事業インキュベーションによる価値創出、(3)イノベーションの基盤である人材と技術への投資。これらを長期視点でグループ全体の価値向上の観点から行なう。

■エレキがソニー株式会社を継承。SFH完全子会社化

2020年4月1日付けで、エレクトロニクス事業を束ねる中間持株会社「ソニーエレクトロニクス株式会社」を設立しているが、同社が2021年4月からソニー株式会社の商号を継承する。

エレクトロニクス事業においては、今後も、音・映像・通信の技術によってリアリティとリアルタイムを極める商品・サービスを引き続き展開。遠隔で人と人、人とモノをつなぐリモートソリューションやメディカル事業など新しい領域にも長期視点で挑戦し、事業の成長と進化に取り組む。

また、ソニーが約65%の株式を保有している金融事業の持株会社ソニーフィナンシャルホールディングス(SFH)株式会社を完全子会社化する。

SFHは、ソニー生命、ソニー損保、ソニー銀行を傘下に持つが、これら金融事業をエレクトロニクス、エンタテインメントと並ぶコア事業と位置づけ。従来は、資金調達の柔軟性などの観点から子会社上場していたが、完全子会社化の理由は、より迅速で柔軟な経営判断やグループシナジーを追求するため。株式公開買付けにより完全子会社化予定で、買付規模は約3,955億円。

■PS5導入やIP投資。「リアルタイムを極める」

各事業ごとの戦略も発表。ゲーム&ネットワークサービスは、2020年年末商戦期に発売予定のプレイステーション 5(PS5)の導入により、コンソールでのイマーシブなゲーム体験をさらに進化させる。

吉田社長は、SSDなどの「スピード」の向上、コントローラーの進化による「触感」、3Dオーディオなどにより、「次世代機にふさわしいゲーム体験を提供する」と強調。タイトルについても「近々強力なラインナップを発表できる」とした。

また、PlayStation Nowの好調などにも言及し、クラウドストリーミングゲームによる、シームレスなゲーム体験を説明した。

音楽については、EMI Music Publishingの買収による音楽出版事業の強化とストリーミング市場の伸長で、安定成長を見込む。Sony Music Groupでは、レーベルと出版がアーティストを全方位からサポートする体制を構築。日本の音楽事業は、音楽、アニメ、キャラクタービジネスを連携させてマネジメントしていく。

映画はマーベルキャラクターズなど独自IPへの投資を継続。アニメは、DTCサービスを通じて日本のアニメを世界中に届けることを目指し、日本では社会現象になっている「鬼滅の刃」のモバイル/PS4ゲーム化をすすめる。中国では、bilibiliへの出資などで、アニメ、ゲーム、音楽などの領域で現地企業との関係を強化していく。

エレクトロニクス・プロダクツ&ソリューションで、強調したのは、音・映像・通信の技術による「リアリティ・リアルタイムを極める」こと。リモート撮影や中継、フルリモートの音楽ライブ展開などを想定している。

また、エレクトロニクス技術のメディカル展開も予定。イメージング、ディスプレイ、メカトロニクスの技術を活かし、長期視点で健康に貢献する取組みを強化していく。

イメージング&センシングソリューションズは、スマホなどのモバイル機器やセンシングに加え、車載センシングなどの分野にも注力。イメージセンサーは、AI時代のキーデバイスになるとの考えで、積層技術を生かし、AIセンシングソリューションを幅広いアプリケーションに展開していく。

金融は、ソニーフィナンシャルホールディングスの新経営体制のもと、中核事業である生命保険事業を強化。また、金融事業におけるソニーのテクノロジーの活用など、グループ内シナジーの実現を目指す。
続きを読む

【※記事末尾に追記あり】

 内閣の判断で検察官の定年延長を可能にする検察庁法改正案について、Twitter上では抗議の意見が広がり続けています。



 5月8日夜に初めて投稿されたハッシュタグ「#検察庁法改正案に抗議します」を含むツイートは、5月11日時点で500万件を突破。どのような流れでここまで大きなムーブメントになったのか、どんな人たちがツイートしていたのかを調べました。
続きを読む

 英科学誌ネイチャーは、主要科学誌に2019年に掲載された論文数などにもとづく研究機関の研究力ランキングをまとめた。日本勢は東京大の11位が最高で、ランク付けを始めた16年以降、初めてトップ10から陥落した。

 ランキングは、自然科学系の82雑誌で発表された論文への貢献度を、研究機関別に調べた。その結果、50位以内に入った日本勢は11位の東京大(前年8位)、37位の京都大(同29位)だけだった。1位は5年連続で中国科学院だった。中国勢は今回、新たに2機関がトップ10にランク入りするなど、躍進が目立った。

 また、国別のランキングでは、日本は米国、中国、ドイツ、英国に続く5位。16年以降、上位7か国の順位に変動はないが、論文貢献度は今回、中国が前年比で15・4%増と急上昇した一方、日本は5・1%減だった。
続きを読む

 政府が国民に一律10万円を支給する「特別定額給付金」のオンライン申請が5月1日から順次始まった。7日に受け付けを始めた自治体も多く、連休明けから本格スタートを切った格好だ。記者が住む都内の自治体も受け付けを始めたので早速ネット申請を試みたが、PCやスマートフォンの操作に不慣れな人にとっては難しいだろうと思う場面もあった。



 具体的な手順は特設サイトで解説されているが、実際に申請してみて分かった気を付けたいポイントをまとめた。
続きを読む

 ねとらぼ調査隊では、4月10日~29日までの間、「ドラゴンクエスト、どれが好き?」と題して、ドラクエの“ナンバリングタイトル”の中でどれが好きかというアンケートを実施していました。



 世界的に大人気なRPG「ドラクエ」シリーズですが、いったいどの作品が一番支持を得ているのでしょうか? 1986年から続くドラクエ“ナンバリングタイトル”は11作品。6192人にご協力いただいたアンケート結果を紹介します!
続きを読む

 神奈川県の黒岩祐治知事が5月2日、「GWはがまんのウイークです」と書かれたメッセージを「緊急速報メール(エリアメール)」を使って通知。ネット上では「地震かと思って飛び起きた」「不要不急の緊急速報メールは自粛して」「起こされた」との声が上がっています。



 「神奈川県知事 緊急メッセージ」と題された緊急速報メールにつづられていたのは以下のメッセージです。

・・・・・

緊急速報
神奈川県知事 緊急メッセージ
GWはがまんのウイークです。

今日から大型連休後半の5連休。
ふるさとへの帰省をはじめ、家族や友人と観光やレジャーなどを楽しむ絶好の季節ですが、今年だけは違います。
今は神奈川に来ないでください。今は神奈川から出ないでください。
そして、今はできるだけ家にいてください。
外出自粛の徹底をお願いします。

神奈川県知事 黒岩 祐治(神奈川県)

・・・・・

 緊急速報が出されたのは朝10時。連休ということもあり、のんびりしていた人も多いようで、ネット上では「地震かと思って飛び起きた」「起こされた」との声や、「急に緊急速報が鳴って何事かと思った」「不要不急の緊急速報メールは自粛して」「こんなの緊急速報で流す必要あるのか?」と疑問の声が上がっています。

 この他にも「緊急速報の使い方間違ってる」といった意見も複数上がっていますが、実はこの緊急速報メール、誤った使い方ではありません。

 「緊急速報メール」は、災害時等に国や自治体から出される気象警報や、避難情報を対象地域の利用者に一斉に知らせるサービスですが、4月30日からNTTドコモ、au(KDDI)、ソフトバンクで、5月1日からは楽天でも緊急速報メール(エリアメール)に、「新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染を防止するための外出自粛要請」の項目が追加されたため、黒岩知事は新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく感染を防止するための外出自粛要請に基づいて緊急速報メールを使用したという形のようです。

 しかし、こうした状況での適用を知らない人も多く、Twitterでは、「緊急速報」「緊急地震速報」がトレンドインするなど、混乱が広がっています。

(Kikka)
続きを読む

↑このページのトップヘ